blog_top.jpg

2007年09月14日

審判としての立場

前回の記事について、思わぬ大反響で驚いています。貴重なご意見をありがとうございました。僕の説明不足で少し誤解があったと思うので、少し補足をさせてもらいます。

まず、アメリカにしろ日本にしろ、我々、審判を職業としている誰一人として、審判に与えられた権力を傘に、いい加減にジャッジしたり、偏見を持ってジャッジしているものはいません。常に、正確に判定できるように、日々いろいろな努力をしています。そのような努力をしていてもミスはあるものです。現代野球では、科学の力で、いろいろな角度から映像として我々の判定について、丸裸にされています。ですので、いっそう正確な判定を求めて努力をするしかないのが現状です。ミスをした際に、我々審判は、自分でもミスしたことはわかっています。どれだけ、それが辛いことか想像できますか。謝って、訂正したほうがどんなに楽だと思います。でも、それが出来ないのが審判なのです。悔しくて、情けなくて、眠れないものです。又、権力やルールに甘えて、楽をしようとなんか思っている審判も一人もいないはずです。そのことは皆さんにも理解して欲しいと思います。

イチロー選手は、パリーグにいた時分から良く見ています。彼の野球に対する取り組み方や審判に対する態度は、どれも尊敬に値するものです。ですから、今回の記事も別にイチロー選手を批判するつもりで書いたわけではありません。ただ、皆さんに少し理解して欲しいことがあったので、書いたつもりです。

MLBにしろ、NPBにしろ野球というスポーツには変わりありません。そして、その野球というスポーツは、ルールに基づいて行われます。その野球規則によって、審判が下した判定が全てであると規定されています。ですから、野球というスポーツにおいて、審判のミスジャッジというのは、ルールの適用ミス以外は、存在しないのです。仮に、真実と違う判定だったとしても、審判が見たままが全てであるのです。(勿論、審判が精一杯努力して公平に判定することが前提です。)

イチロー選手は、多大な影響力のある超一流選手であることは間違いありません。特に子供達の好きなスポーツ選手ナンバーワンの地位を何年も維持しています。特に子供達への影響力がある選手なのです。イチロー選手の言動や行動は、とても子供達に影響があります。そんなイチロー選手が、審判の判定に不満で、それを行為や言葉にあらわしていたら、どのような影響があるでしょう。ルールに反する行為をしていることになり、子供達もそのようなことが正しいことだと思ってしまうのです。日本の野球では、いまだに起こることですが、審判の判定に不満で、文句を言うだけでなく、手まで出すことがあります。それを見た子供達も、審判が判定を間違えたなら、審判に手を出しても良いと思ってしまうのです。ですから、野球というスポーツをやる以上、このような行為をさせてはならないのです。そのために審判に権力が与えられているのです。

そして、子供達が野球というスポーツをやる目的をもう一度考えて欲しいのです。野球をやることにより、人間として必要な大切なことが学ぶことが出来る、それがスポーツをやる目的なのです。審判の判定に不満だからといって、審判を攻撃するようなことが、正当化される見本になるような行為や言動は絶対にして欲しくありません。又、それをさせないために、審判には、権威や権力を持つことが許されているのです。

野球というスポーツをする以上、判定に対して不満であっても我慢するしかないのです。だから、審判もより正確な判定が下せるように、日々努力を重ねる必要があるのです。そのことは、我々審判はよく理解しています。

以上のようなことを理解して欲しい為に記事を書きました。ご理解いただけたら幸いです。

平林 岳


追伸:2年間お世話になったSeesaa ブログから、オフの間にお世話になっていて、マネジメントをお願いしている(株)ライツが運営するアスリート・ポータルサイト”アスポタ”へ引越しすることになりました。次回記事からは以下のアドレスへアクセスをお願いします。

http://old-rookie.aspota.jp/

これからも宜しくお願いいたします。
posted by 平林岳 at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年09月09日

イチロー選手の審判との駆け引き

9月3日(月)の試合にて、今シーズン最終戦を無事に終えることが出来ました。いろいろなことがあったシーズンですが、心の底から、”よかった”と思えるシーズンでした。今後、このブログでも振り返っていき、来シーズンに生かせるようにしていきたいと思います。シーズン中にたくさんの叱咤激励コメントをいただきました。本当に助かりました。ありがとうございました。

さて、先日のMLBの試合で、イチロー選手に対しての判定で、彼が審判に対して挑発的なコメントをしていました。確かに、判定は微妙で、イチロー選手に対して不利な判定が続きました。本人の気持ちは、痛いほどよくわかります。彼のコメントが、アメリカメディアに出たのかどうかはわかりませんが、審判サイドに伝わっていたとしたら、間違いなく報復されます。勿論、だれもわざとやったなんていいませんが、わからないように、いくらでも際どい判定を不利に判定することはできます。それだけ、審判が機構や組織、ルールに守られているのです。自分の気持ちがそれで済むのであれば、それも一つの方法かもしれませんが、”百害あって一利無し”なのです。

2塁での盗塁プレーですが、あの手の判定は、本当に審判泣かせの判定であるということを知って欲しいと思います。送球やタッグ行為は、間違いなくイチロー選手がスライディングして、ベースに着く前に行われているのです。ただ、実際はタッグをミスしたものと見受けられます。このようなプレーの判定は、どちらに判定しても抗議を受けます。特に修行の場であるマイナーリーグでは、セーフにしたほうが抗議を受ける可能性が高いというのが僕の経験上で言えることです。ただし、MLBでは、やはりこれだけいろいろ角度から映像で見られている現在は、出来る限り正確な判定を求められています。ですから、あの場面でも、ジェリー・デービス審判は、正確に判定しようとしていたはずです。ただ、あの時の判定したポジションが悪く、あのときにタッグしていたかどうかを判断するのに一番悪い角度にいたようで、タッグがイチロー選手に触れたかどうかが、定かでなかったと推測できます。

マイナーリーグでは、このようなケースでは、しばしば”アウト”に宣告したほうが、皆が納得するということがよくあります。僕自身も、それで今シーズンかなり悩みました。ただ、結論として、”見たままで判定しよう!”ということでやっていました。

ですから、あの場面でも、イチロー選手にしてみれば、明らかにタッグされていなくて、簡単なセーフに感じたのだと思いますが、判定を任されている審判にとってあのような”死角”に入ってしまうことが1年に1度ぐらいあるものです。もちろん死角に入らないように努力はしています。もう2度とジェリー・デービス審判が、イチロー選手に対してこのような死角に入って宣告することは無いと信じています。そのぐらい素晴らしい審判なのです。駆け引きとして、あの場面では、我慢が必要だったかもしれません。(気持ちはよくわかりますが・・。)

僕は、本当のところはわかりませんが、その抗議態度が、その後の1塁での判定に繋がったのだと想像できます。

これからのヒット1本が、彼にとってとても大きな1本になることと思います。それなので、審判を挑発するような発言は、我慢して欲しいところです。
posted by 平林岳 at 07:13 | Comment(23) | TrackBack(1) | 日記
blog_top.jpg

2007年09月03日

マジック1!

今日の試合を終えて、いよいよシーズン残り1試合となりました。139試合を終えたことになります。(正確には、MWLで4試合ほど雨や雪、寒さで流しているので135試合だと思います。)本当に、よくやったと思います。何よりも、けがや病気が無く、1試合も試合を休まなかったことが一番嬉しいです。又、疲労は勿論ありますが、試合に影響するような蓄積疲労は、無かったと思います。これも、アミノバイタル・プロとブルーベリー・アイ(スポーツタイプ)を継続して飲んでいたことが大きかったと思います。宣伝するわけではありませんが、僕が身を持って体験してみて、その成果を自信を持って皆さんにもお薦めしたいと思います。

球審予定は、今日の試合で終了しました。68試合ほど球審をやったと思いますが、今日の1試合で、球審の難しさを痛感させられました。今シーズン中で、一番悪い出来だったと思います。

シーズン中ずっと調子がよく、あまり悩んだりしたことが無かったシーズンでした。前回球審した際に見逃し三振するべき投球を、”ボール”とコールしてしまったことが尾を引いていたのです。この判定で、そのときに投げていた投手は崩れてしまいました。

よくチームや解説者のかたがたが、”あの1球の判定で負けた。”とか言いますよね。審判自身も1球の判定ミスで崩れたりするものです。勿論、1球のミスで崩れるようでは、まだまだということなのですが・・。でも、実際あるものです。それだけ、審判は、繊細にプレーを見て、判定を下しているのです。審判の仕事は、メンタル面がほとんどだと思います。どう自分の精神面をコントロールするかということに尽きると痛感しました。

だから我々審判には、いろいろな経験が必要なのです。調子が悪い時でもそれなりの仕事をしなくてはならない立場にいるのが審判です。

オフの課題が見つかりました。課題を見つけただけでも良い経験になったシーズン最後の球審でした。(このようにプラス思考に考えることも大事なことなんです。)

カリフォルニア州ビクタビルにて
Victorville,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 1試合
posted by 平林岳 at 18:18 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

Replacement Umpire(代替審判員)

更新が滞ってしまいました。すみませんです。

アレックスが現場を離れて、モデストに住んでいる元マイナーリーグ審判のサムとモデストでの試合を一緒に仕事をしました。彼は、1982年から4シーズンほどマイナーリーグ審判をしていたそうです。このカリフォルニア・リーグでも審判をしていた大先輩だったのです。彼が、”僕は球審のほうが好きだから、球審をしてもいい?”と聞いてきたので、僕自身が球審する予定でいましたが、彼のやる気と経験を信じて球審をしてもらいました。

サムは、現在大学野球を中心にアマチュア野球で審判をしていて、年間に100試合以上をこなすそうです。ただ、やはりアマとプロのストライクゾーンは多少違いがあるようで、僕が見て、かなり彼のストライクゾーンのほうが、我々のそれよりも広いと感じました。ただし、両方のチームに対して広いので、そんなに悪い出来だとは思いませんでした。でも、両チームの打者からは、不満続出のようで、結局、5回にある打者を見逃しの三振にコールした際にサムに暴言を吐き、退場になりました。

退場は、良い退場であったと思います。問題なかったです。ただ、問題は、退場報告書をどのように書くかということでした。前日に他の場所でも、地元アマチュア代替審判が退場させたということを聞いていたので、一緒にやっていたトリップ審判に電話して聞いてみました。トリップは、”状況を書く欄と、パートナーが見たままを書く欄だけ書いて送ればいい。”と言ったのでその通りに書いてリーグにメールで送りました。本人には、リーグが電話して事情を聞くそうです。

翌日は、飛行機で移動して今シーズン最後のシリーズを行う、ハイデザートへ来ました。ここでも地元審判と試合を行います。さすがに僕が球審を務めました。次の試合からは、アレックスが帰ってくることになりました。やはり、気分が全く違います。アレックスとの数試合をベストな試合ができるように頑張りたいと思います。

カリフォルニア州ビクタビルにて
Victorville,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 2試合
posted by 平林岳 at 05:38 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月31日

アレックスとの最終戦

アレックスの叔父さんが昨日の午前中に亡くなりました。メキシコ人は、特に家族の絆が強く、昨日のアレックスは、”もぬけの殻”状態で、本当に悲しみを表に前面に出していました。ものすごいショックを受けたようです。昨晩の試合は、かわりに審判をやる人が見つからなかったので、何とかアレックスに仕事をしてもらい、試合後に自宅のあるLAへ帰りました。ということで、アレックスとの今シーズン最後の試合が昨日終わりました。

今晩の試合は、ここモデストに住んでいる地元審判が来てくれるようです。そして、試合後に400マイル移動しなければならなかったので、現在車のない僕は、飛行機で移動することになりました。そのほうが、レンタカーを借りるより安く済むようです。明日の朝、現在隣の都市にいる他のクルーが迎えに来てくれて、オークランド空港まで連れて行ってくれます。そこからオンタリオ空港まで飛び、そこにアレックスが迎えに来てくれるようになっています。ハイデザートでの最後の4連戦は、元マイナーリーグ審判だった人が来てくれるようです。ハイデザートでの足がないので、レンタカーを借りなければならないと思います。

実は、僕の叔父も数週間前にこの世を去りました。でも、それで一時帰国しようとは考えもしませんでした。多分、日本では両親や兄弟以外は、仕事を放棄してかえるということはまずないでしょう。日本人の仕事に対しての責任感の強さと、メキシコ人の家族に対する思いの強さを感じて、とても考えさせられる出来事でした。

アレックスの叔父さんのご冥福をお祈りいたします。そして、アレックスの分まで最後の5試合に全力を尽くしたいと思います。

カリフォルニア州モデストにて
Modesto,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 5試合
posted by 平林岳 at 07:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月29日

バント

サンノゼからモデストに移動し、13連戦一緒だったモデストと又3試合をともにします。もうモデストの選手のことは、何から何まで知っている気がします。

さて、今日の試合でスクイズ・プレーがありました。日本では、あまり気にならなかったのですが、最近は、アメリカのマイナーリーグでも、”バント戦術”をよく見かけるようになりました。僕が、初めてアメリカに渡った1992年ごろは、バントなどほとんど見ることがありませんでした。今年に入って、本当にバントを試みる姿をよく見るようになりました。正直言って、まだまだバント技術が上手ではないので、成功率がめちゃくちゃ低いです。日本では、多分バント成功率は、8割を超えていたように感じたのですが、こちらでは3割ぐらいなような気がします。

日本の選手は、バントの練習にかなりの時間を割いていることを知っているだけに、バント戦術を使うのであれば、もっとバント練習をするべきだと思うのですが・・・。裏を返せば、それだけ日本野球の実力が認められてきたということだと思うので、喜ばしいことだと思ったほうがいいですよね。

そのスクイズの場面で、初めて見た光景がありました。左打者がスクイズを試みました。そんなに難しい投球では、なかったのですが、案の定打者は、引っ掛けてバントして、ボールは、1塁側ダッグ・アウトの方向に転がりました。明らかにファールボールになる打球です。ところが、芝生の切れ目が少し高くなっていたため、そこに打球が当たり、フェアー・テリトリ方向へ返ってきました。一瞬、皆の時間が止まってしまいました。打者も走るのを諦めていたところでした。その後、慌てて投手が打球を拾って打者走者にタッグをしました。スクイズは、成功しました。

アメリカでは、走路は土でその両側に芝生があります。そこに段差があり、このようなことは、起こる可能性があるのです。日本では、このような球場があまりないので、あまり起こらないでしょう。アメリカで、バント戦術が頻繁に行われるようになった現在、このようなことが、又起こることがあるでしょう。それまでは、バント自体あまり試みなかったのでいいのですが、頻繁にあるようであれば、芝生の切れ目の手入れを十分にする必要があると感じたのでした。

ちなみに今日の試合は、4−2でホームチームのモデストが勝ちましたが、相変わらず試合時間は3時間近くかかりました。疲れてロッカーに引き上げる途中で、負けたチームの先発投手が、”今日は、いい仕事だったですよ。”と声をかけてきました。このような一言には、本当に癒されます。思わず、”君こそ、いいピッチングだったよ!”と言ってあげました。このような会話によって、お互い、自信がつくものです。

カリフォルニア州モデストにて
Modesto,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 6試合
posted by 平林岳 at 17:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

シーズン最後の休日

今シーズン最後の休みであった昨日は、アレックスとサンノゼ・ジャイアンツの関根さんとゴルフに行きました。サンノゼ郊外にある美しいゴルフ場で、モデストのパブリックゴルフ場よりは、値段が高かったですが、かなりグレードが高いコースでした。今回は、18ホールまわりました。

天気も素晴らしく良く、”カリフォルニアの青い空”の下、暑くもなく本当に快適にプレーが出来ました。スコアは、僕にとってはいいほうで、44,48の92というスコアでした。このぐらいのスコアでまわれると、”ゴルフをしている”という実感がわくものですね。とても楽しくプレーすることができました。

ゴルフの後は、ラーメン屋で昼食を食べました。とんこつ醤油スープで、替え玉もありました。なぜか、カリフォルニア・ロールのおつまみもありましたが、ラーメンは、日本の専門店の味で、とてもおいしかったです。

CIMG1391.JPG
■オークランド・A's本拠地球場です。

夜は、オークランドに行って、MLBアスレティックスとブルー・ジェィズの試合観戦に出かけました。このオークランドのフィールドは、NFLのオークランド・レーダースの本拠地も兼ねているので、とても大きな球場です。フィールド内がとても広く、普通の野球場とは違った雰囲気でした。のんびりと観戦し、メジャーの雰囲気を十分に味わって、試合が延長になったので、サンノゼまで帰りました。

最後の休みを充実した1日にできたと思います。

カリフォルニア州サンノゼにて
San Jose,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 7試合
posted by 平林岳 at 02:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月27日

サプライズ

昨日は、午後5時開始の試合で、試合後にいつもより時間があったので充実したオフ・タイムを過ごすことができました。そんなときに、絶妙のタイミングで日本から僕の試合を見に来てくれた人がいました。本当にサプライズでした。

僕が、オフ・シーズンにお世話になっている(株)ライツの取締役 川口さんが、サンフランシスコに仕事で来たので、わざわざサンノゼまで試合を見に来てくれました。昨日の朝、携帯に電話があり、5時から試合だと伝えたら、”レンタカーにナビが着いているので球場までいけるから、見に行くよ。”といってくれたのです。

試合の途中の球場に着いたのですが、すぐにどこにいるかがわかりました。古き良き、アメリカのマイナーリーグの試合を見せることができたと思います。特に、7回途中の”Take me out to the ball game"と”God breath America"の合唱には、”涙が出たよ。”と言っていました。1人でも多くの日本人にマイナーリーグ球場に足を運んでもらい、ボールパークでの楽しい時間を過ごして欲しいと強く思いました。

試合後には、川口さんとサンノゼ・ジャイアンツで働いている日本人スタッフ関根さん、トランティさん、それとアレックスとで、食事で出かけました。時間にも余裕があったこともあり、大変楽しい食事タイムになりました。

ちなみに試合は、2時間30分ほどで、僕自身としても今シーズンのベスト・ゲームのひとつといえる良い試合でした。
posted by 平林岳 at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月25日

ジャパニーズ・ナイトin San Jose

サンノゼでのジャパニーズナイトが終わりました。試合開始前にサンノゼ・ジャイアンツ レン・サカタ監督、ランチャクーカモンガ・クエックス監督 ボビー・ミッチェル監督、日本人審判 平林岳の3人による鏡開きから始まりました。

イニング合間のイベントも日本にちなんだ催しがたくさん行われました。すしの早食い競争、西城秀樹のYMCAで踊ったり、球場内のスタッフも皆ゆかたやはっぴを着ていました。

一番驚いたのは、7回表終了後の”セブンスイニング・ストレッチ”で、日本ではおなじみの”風船飛ばし”をやってくれました。アメリカでは、珍しいことのようでお客さんは大変喜んでいました。日本でもそうですが、飛ばした後に風船を片付けるのにスタッフが大変苦労していました。

僕は、その光景を見て、日本のプロ野球の審判時代を思い出して、又ホームシックになりそうになりました。もうすぐ帰れるので大丈夫です。何か、もう5ヶ月以上も家を離れて、試合も130試合を超えたんだなあと、感慨深いものがありました。ここまで、けがや病気をせずに試合を休まなかったことが一番嬉しいことです。我ながらよくがんばったと思います。つらかった時期にもらった、皆さんからの励ましの言葉があったからだと思います。本当にありがとうございました。

まだ、試合は残っているので、最後まで全力疾走したいと思います。帰国の日にちが決まりました。9月8日の夕方成田へ到着する予定です。同僚の野中雅貴審判と一緒に帰ります。

カリフォルニア州サンノゼにて
San Jose,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 9試合(ついに10試合を切りました。)
posted by 平林岳 at 18:04 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

ジャパニーズ・ナイト

久しぶりの更新になってしまいました。別に病気やけがをしたわけではありませんのでご心配なく。元気でやっています。

昨晩の試合を終えて、モデスト・ナッツとの13連戦が終わりました。毎日のように顔をあわせていると、何となくお互いの癖や性格などがわかってきて、文句が出なくなってきたように感じました。選手も審判の癖をつかんだように思えました。特にストライクゾーンに関しては、僕やアレックスのゾーンを理解してくれたようで、ストックトンでの3連戦では、何事もなくスムーズに試合を進める事が出来ました。抗議に出てこられたことも一度もありませんでした。

今日は、サンノゼに移動します。日本人がとても多く住んでいる大きな都市です。今晩は、”ジャパニーズ・ナイト”というイベントが球場で開催されるそうです。多くの日本人客の来場が予想されます。日本語で野次られないように気合を入れてがんばります。

カリフォルニア州ストックトンにて
Stockton,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 10試合
posted by 平林岳 at 03:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月21日

休日

今日は、久々の休日でした。アレックスがゴルフをしたいと言っていたので、モデストの野球場隣にあるモデスト市が管理している公共ゴルフコースに行きました。電話をしたら、予約しないでも行けばゴルフが出来るというので、直接ゴルフ場へ行きました。プレー代が$11.00、貸しクラブ代が$9.00、カート代が$13.00でした。日本のゴルフ場に比べたら、かなり安いと思います。ゴルフを終えて帰る時に、将来を夢見る小学生高学年ぐらいの少女達が、練習をしに来たところでした。やはり、子供のころからゴルフが出来る環境がたくさんあるアメリカのゴルフレベルが高いのが納得できます。やっぱり環境ですよね。

CIMG1385.JPG
■7連戦を終えたモデストのボールパーク。この球場のすぐ隣にゴルフ場がありました。

ゴルフのほうは、ちょうど1年前にミシガン州のチームの試合をした際に、チームから紹介されたゴルフ場でプレーして以来でしたが、自分でも納得のいくドライバーショットが数発出て、とても気分が良かったです。気候も、暑過ぎずで調度よかったです。気持ち良くプレーすることが出来ました。

ゴルフの後は、車で30分ほどのストックトン(Stockton,CA)に移動して、ホテルにチェツク・インして、すぐに浅いバスタブにお湯を張って”お風呂”には入りました。運動後のお風呂は又格別ですね!久々に味わった感覚でした。日本人である自分には、お風呂に入ることの必要性を感じたのでした。

少し休んで、少しいい物でも食べようということで、"OUTBACK"というステーキ・ハウスに行きました。少し大きめのサーロイン・ステーキを腹一杯食べることが出来ました。アレックスといろいろな話をしながら、残り13試合を良い形で終えようと誓ったのでした。

さあ、明日からまた試合です。気合を入れて頑張ります。

カリフォルニア州ストックトンにて
Stockton,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 13試合
posted by 平林岳 at 14:52 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月20日

判定の変更

昨晩の試合で、アレックスがサンノゼ・ジャイアンツ レン・サカタ監督に退場を宣告しました。このカードモデスト対サンノゼ4連戦で両方の監督を退場させたことになります。シーズンの終盤になり、退場が増えるのは、ある意味当たり前なのですが、審判にとってはとてもしんどいことなのです。

モデスト球場のバックスクリーン(打者が投手の投球を見やすくするために、センター後方に黒か濃いグリーンの大きなボードが設置されています。)の上にネットが付け足されています。ボードに打球が当たったら、インプレーなのですが、この上に付いているネットに当たった場合はホームランというようにグランド・ルールで決まっています。昨日は、アレックスがホームランと宣告したのですが、モデスト監督の抗議があってから、僕と相談して判定を変えました。一度、ホームランの宣告をしているので、変更した後の処置は、ボールデッドにしているプレーをインプレーにしなければならないので間違いなくもめる判定の変更になります。

案の定、サカタ監督が出てきて、引き下がりません。たまたま、"You are horrible! Taht's a terrible call!"と暴言を吐いてしまったので早々と退場になってしまいましたが、通常はこのようなケースの判定変更は長時間の抗議に及ぶことが多いのです。監督自らが、早々と退場になってくれるような行為をしてくれたことは、ある意味僕達にとってラッキーだったのかもしれません。

今日の試合も同じカードです。気合を入れて試合に取り組みたいと思います。退場宣告後の試合は、審判にとっては、とても大事な試合になります。頑張ります!

カリフォルニア州モデストにて
Modesto,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 14試合
posted by 平林岳 at 06:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月18日

退場宣告

更新が滞ってしまってすみませんでした。今、滞在中ホテルのインターネット環境が悪く、2日間ほど全く使えませんでした。その2日間の間にいろいろとありました。

モデスト・ナッツとの13連戦中、7試合目の昨日の試合(8月16日)でモデストの監督を僕が退場させなければなりませんでした。連戦をしているとお互いにいろいろとストレスやフラストレーションが溜まっていくものです。ちょうど、その”ガス抜き”になったようにも思えました。

その試合前日(8月15日)の試合では、アレックスのストライクゾーンに不満を示し、終盤には、1塁でのフォースプレーで、1塁手の足が明らかに離れたので、セーフを宣告したら、見てもいないのに、監督が僕のところへ抗議び出てきました。僕も腹が立ったので、かなり強い口調で、”あんたが間違っている!”と言ってやりました。

そして、16日の試合の前半でも、3塁走者のタッグ・アップの離塁が早いというアピールがあり、その判定に対しても不満で抗議に出てきたりともう既に退場寸前の状態にありました。

そして、難しいプレーが起こりました。投球がバットにかすり、その後グランドに着いて、捕手が捕球できませんでした。バットに当たったのは、見えませんでしたが、確かにを聞きました。ダッグアウトにいた監督には確かに音は聞こえなかったと思います。当然僕は、ファールの宣告をしたのですが、直ちに監督が飛び出してきました。”地面に着いたのは、間違いないが、バットには間違いなく当たっていないだろう!”僕が、”バットに当たった音を確かに聞きました。”と応えると、”グランドのこんなところでバウンドしたんだからバットに当たったわけないだろう!”とグランドのある地点を足で蹴りながら抗議をしてきました。すぐに、”デモンストレーションはやめてください!”と警告しても、引き続き地面を蹴りながら抗議していたので、退場を宣告しました。

お互いに少しづつ溜まっていたものがついに爆発した感じでした。この後に試合はもつれて、結局、モデストが勝ちました。

モデストが勝ったこともあり、今日(17日)の試合は、お互いリフレッシュしたような感じで、何事もなく平和に終わりました。長いシーズン、このようなことの繰り返しがあり、お互いに成長させてもらっているのです。

カリフォルニア州モデストにて
Modesto,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 15試合
posted by 平林岳 at 17:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月15日

13連戦

マイナーリーグ審判をしていると13連戦ぐらいは当たり前なのですが、今回の13連戦は、ちょっとしんどい連戦です。それは、同じチームの審判を13試合続けてやるということになってしまいました。

スケジュールの変更があり、今週末16日(金)〜19日(日)までの南部で予定していた4試合を、現在滞在中の北部での試合をそのまま裁くことになり、先週末から一緒のモデスト・ナッツと13試合連続で審判をすることになりました。その後、6試合おいて、また3連戦を一緒しなければなりません。

13試合もyっていると、何かそのチームに不利な判定が、出てくるものです。そうなると、それ以降とても気まずくなるものです。日本で審判をしていた時に、イースタンリーグ(2軍)で、巨人と西武の北海道遠征に帯同したことがあり、このときは同じカード(巨人ー西武)の3人制審判で10連戦をしたことがありました。この時は、幸い何事もなく無事に10連戦をおえることができましたが、今回は2人制で13試合です。余計に負担が大きくなります。

昨晩の試合で5試合を終えました。何となくあるチームとの緊張感と戦いながら、丁寧に仕事をしていきたいと思います。南部へ行って帰ってくる800マイルの移動はなくなり、身体的には楽になったのですが、その分、精神的な疲労は大きくなりました。

カリフォルニア州モデストにて
Modesuto,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 18試合
posted by 平林岳 at 23:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月13日

カリフォルニアの乾燥した暑さ

今日は、久しぶりに午後1時からのデーゲームでした。カリフォルニア・リーグに来てからだと、1度1時からのデーゲームがありましたが、塁審でした。今日は、球審だったのでこの”暑さ”がとても気になっていました。

気温は、華氏で約98度。摂氏でいうとだいたい36度ぐらいだと思います。ただ、ここカリフォルニアは、湿気がす少なく、日陰に入ると本当に涼しく感じます。このような気候のなかで、球審をしたら、どのぐらい大変かが、若くはない僕にはとても気になっていました。

結果は、湿度の高いフロリダでひと夏を経験しているだけあって、そんなに暑さで苦しいとは思いませんでした。試合は、3時間のロング・ゲームだったので、結構大変でしたが、暑さで大変だとはあまり思いませんでした。アミノバイタル・プロのお陰も勿論あったのですが、真夏のフロリダでのデーゲーム経験が、しっかりと生きていたのです。

残り試合は、全てナイト・ゲーム(午後5時開始があったかもしれません。)なので、今日の試合がヤマだと思っていました。しかも、多くの試合を北部(サンフランシスコの周辺)で残しているので、南部より涼しいので試合を快適に行えそうです。さあ、残りはいよいよ20試合になりました。ラスト・スパートと行きたいところです。

カリフォルニア州バイセリアにて
Visalia,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 20試合
posted by 平林岳 at 14:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月11日

チーム・マスコット

ランチョ・クーカモンガでの試合は、昨晩の試合で今シーズンはもうありません。この時期、これからの試合は、その場所での試合は最後ということになっていきます。どんなに少ない試合数だとしても、最低3時間ほどは、何らかの苦労をその球場でしているものです。そんな思い出のある各球場とお別れするのは、何となく寂しいものです。

ランチョ・クーカモンガの試合には、必ずチームのマスコットが試合中、フィールド内でいろいろなイベントをしてくれて、試合を盛り上げ、お客さんを喜ばせます。そのマスコットに入っている人が、とてもいい人で、審判ロッカーのすぐ隣を控え室にしているので、いろいろな話をしたりして審判達と、とても仲がいい人だったのです。アーロンという35歳の長身のかたで、高校の先生をしているそうです。いつも、授業を終えてから、球場に駆けつけます。教え子の生徒たちは、先生が、放課後にこのような活動をしていることを知らないそうです。ダンスや演技が上手なので、お客さん達を本当に楽しませてくれます。そんな、人との出会いがあったのでよけいに寂しい思いがしました。

最後の日に彼が僕達審判クルーと協力して行ったイベントは、イニングの合間にアレックスと僕が、ホームと1塁の中間ぐらいで待機しています。そこへ、恐竜のマスコットのアーロンが、水や、タオル、食べ物のなど、いろいろと持ってきてくれます。でも、僕達は、おおげさなしぐさで、これらの申し出をことごとく断ります。そして、最後に若い女性2人を連れてくると、僕達は、その女性達の誘いに応じて、ダッグアウト内に連れられていくというものです。簡単なストーリーですが、お客さんはとても喜びます。我々も少し恥ずかしいのですが、アーロンが良い人だから、協力してあげられます。

こんな思い出が出来た球場もその日が最後だったので、試合後にアーロンと抱擁をして別れたのはいうまでもありません。(誤解のないように!アメリカでは、抱擁(ハグ)は、習慣です。)

カリフォルニア州バイセリアにて
Visalia,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り 22試合
posted by 平林岳 at 17:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月09日

スティー・ボール

やっちゃいました、”スティー・ボール”。スティー・ボールとは、球審をしていて、ストライクと決めるタイミングが早くて、ストライクと判定を決めてから、ジェスチャーを出そうとする時に、ふと、最後に捕手が捕球する瞬間の映像から、やっぱりボールの判定にしようとした時に、”時既に遅し”でストライクのジェスチャーを出す為に体が動き出してしまっているような場合に我々の業界用語でスティー・ボールと言います。今日の試合でこれをやってしまいました。

結果的には、ボールにして正しかったと思いますが、スコアボードにストライク・ボールを表示する人もストライクだと思ったようで、既にストライクが表示されていました。ストライクと宣告されたと思った攻撃側ベンチが騒いでいたのですぐに、”ボールと宣告しました!”と言ってなだめました。その後、当然守備側が、”えっ、ストライクのジェスチャーしたじゃない。”と騒ぎだします。”いや、今は、ストライクと宣告しかけたけど、ボールの宣告にしました。”と苦しい言い訳をしてその場をしのぎました。

チームがどう反応するかは、ともかく、兎に角やってしまった本人が一番恥ずかしいことなのです。本当に穴があったら入りたいという気持ちでした。幸い、その判定で試合に影響するような結果にならずに済んだので、大事にはなりませんでしたが、せっかくその試合では、殆ど間違いもなくストライク・ボールを判定していたので、自分自身に対して、腹が立ちます。試合の最後のほうだったので、どこかで気を抜いていたのだと思います。反省し、明日からの肥やしにしたいと思います。

CIMG1376.JPG
■パートナーのアレックス・オルティス審判です。試合前のロッカーにて。彼にも、試合後に、”今日は、いい仕事したね!スティー・ボールを除いては。”と言われました。

カリフォルニア州ランチョ・クーカモンガにて
Rancho Cucamonga,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り試合 24試合

posted by 平林岳 at 15:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月08日

リトル東京

休日であった昨日は、LAダウンタウンの"Little Tokyo"(リトル・東京)に行ってきました。滞在先のPasadenaからMetroのGold Lineという電車に乗って、終点のUnion Stationというダウンタウンにある大きなターミナル駅まで30分ほどの乗車時間でした。そこから、リトル東京まで全くわからなかったので、人の聞いたりしながら30分ぐらいかけて何とかたどり着きました。

CIMG1378.JPG
■市庁舎の近くにあった姉妹都市の名前が記してあったサイン。名古屋の名前が一番上にありました。

念願であったラーメンを食べるためにうろうろとしましたが、あまりたくさん見つけられませんでした。1件、大変混んでいるラーメン屋さんがあり、その店に入ることにしました。名前は、”大黒屋”というお店で、日本にもあるようなことが店内の案内に書いてありました。日本でもよくオーダーする、ラーメンと半焼き飯のセットをたのみました。キリンの生ビールもあったので、昼間からビールまで飲んでしまいました。(お仕事をしている皆さんすみません!)ラーメンは、とんこつ醤油味のスープで、麺は太め、僕の好きなラーメンでした。焼き飯(半)は、日本の普通盛りぐらいの量があり、こちらも大変満足しました。

その後、指圧マッサージを受けられるところを探しました。"Tokyo Spa"というマッサージとサウナにも入れるお店があり、そこで60分間のマッサージを受け、サウナにも入り、リラックスとリフレッシュを
させてもらいました。ちなみに値段は、60分で$65\です。まあ、平均的な値段だと思います。"MARUKAI"という日系のスーパーにも行って、サッポロビールの12缶パックで$8.99という値段に引かれて、買って帰りました。

久々の休みを十分満喫させてもらいましたが、少しお金を使ってしまったので、これから節約生活をしなけれないけないと肝に命じたのでした。

カリフォルニア州パサディナにて
Pasadena,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り試合 26試合
posted by 平林岳 at 05:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月06日

明日は、休日♪

今日日曜日の試合が終わるとサンノゼから続いた13連戦が終わり、久しぶりの休日です。午後6時かの試合後にパートナー・アレックスの自宅近くに移動して、明日の休日に備えます。自腹でホテルを予約しました。予定は、確定していませんが、LAのダウンタウンに行きたいと思っています。特にリトル・東京には是非行ってみたいです。

とにかく、ラーメンが食べたくてしかたありません。リトル・東京には、間違いなくラーメン屋さんがあると思うので、何が何でも食べたい!と思っています。

カリフォルニアに来て、密かに楽しみにしていたのですが、いまだに実現していないことがあります。それは、日本語のテレビ放送を見ることです。ダウンタウンに近いところなら見ることができるかもしれません。時間帯によるのかもしれませんね。もし、何かご存知のかたがいましたら、情報をお願いいたします。韓国語の放送は見つけたことがあるのですが・・。

出来れば、アナハイムで行われる、MLBの試合も観にいけたらいいなぁと思っています。欲張ると、何もできなくなるので、予定を絞って、数少ない休日を有意義に過ごしたいと思います。

カリフォルニア州レイク・エルシノアにて
Lake Elsinore,CA
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
残り試合 27試合

posted by 平林岳 at 05:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年08月03日

カリフォルニアでの食生活

カリフォルニアに来て、日本食のファースト・フードやレストランを見つけては、喜んでいましたが、実は、はまっているお店が3件あります。いづれもファースト・フードのお店なのですが、カリフォルニアにしかないチェーン店(1部アリゾナやネバタにもあるそうです。)で、カリフォルニアらしさがある食べ物を提供してくれます。

一番のお気に入りは、"IN-N-OUT BUGER'S"というお店です。ハンバーガーショップなのですが、お店の雰囲気がおしゃれで、西海岸のさわやかなリゾート地をイメージしている店構えになっています。味は、特に特徴的では、ないのですが、食材は、新鮮な物しか使っていないようで、レタスやトマトの色が鮮やかです。注文があってからつくり始めます。

次に気に入っているのが、メキシカン・フードの"POLLO LOCO"(スペイン後できちがいチキン)というお店です。パートナーのアレックスが教えてくれたのですが、メキシコ人がお気に入りのお店で、お客の大半がヒスパニック系の人々です。チキンを中心にタコスやブリトーなどがあり、サルサソースも充実しています。サイドメニューが豊富で、僕は、特にスパニッシュ・ライスが大好きです。チキンの味付けが少しだけスパイシーで塩加減が絶妙なところが格別です。

そしてもう一つハンバーガーショップの"Tommy's"です。ここのハンバーガーの特徴は、チリといわれるメキシカン料理のひとつである豆を潰したソースがハンバーガーにかけてあります。ボリュームがある食感で、このチリソースとチーズの組み合わせがおいしさを引き立てています。いつも、フレンチフライ(フライド・ポテト)が揚げたてで、しかも油の交換を頻繁にしているようで、とても新鮮(見た目も)なフレンチフライが食べられることもプラス要素になっています。

最近は、この3店をローテーションして食べているような気がします。明日は、アレックスが、一番気に入っているタコス屋、"King Taco"
にランチに連れて行ってもらいます。

カリフォルニアのファースト・フード事情でした。

カリフォルニア州パームデールにて
Palmdale,CA
平林 岳

●カウントダウン(シーズン終了まで)
残り29試合
posted by 平林岳 at 17:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。