blog_top.jpg

2006年08月22日

夏休み

毎日欠かさずにブログをご覧の皆さんには大変失礼いたしました。更新が滞っていました。現在、僕の家族が東京から夏休みとしてシカゴまで来てくれています。もちろん、僕自身の仕事は休めないのですが、ブログの更新を少しお休みさせていただきます。書ける時には更新しますが、少し夏休みをください。宜しくお願いします。

昨日は、デーゲームだったのでダウンタウン・シカゴへ行ってきました。博物館がたくさんあるミシガン湖沿いの”ミュージアム・キャンパス”からシアーズタワー(数年前まで世界一高いビルだった)までぶらぶら散歩し、タワー103階からシカゴの素晴らしい夜景を堪能しました。後日、写真も公開いたしますのでお楽しみに!


posted by 平林岳 at 00:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ゆっくり家族との時間を過ごしてください。
ところで、今年の甲子園はすごく盛り上がりました。
野球のおもしろみを再確認できて、
「私は野球が好きだぁ!」
って叫びたいくらいでした。
シーズンも残り少なくなってきましたが、
がんばってください。
Posted by 3年8組♀ at 2006年08月22日 01:57
里紗ちゃんにとっては、何ヵ月も離ればなれだった、お父さんと、異国の地での再会ですから、さぞ嬉しいでしょうね。
『かけがえのない夏の思い出』になりますね。
さて、ご家族が球場に見に来ている時は、やはり意識はするものですか??
私の友人のセ・審判の方は、球審の試合直前に
「子供の事を思い出して、頑張ろう!!」と意気を高めるのですが、
実際(試合中)は「子供の事を思い出す、余裕すらなかったよ」とおっしゃっていたのが、印象的でした。
(大好きなお子さんたちを、思い出せないほど、集中し緊張しているのですね…)
私も親交のある審判の方の試合には、
「変な打球(きわどい当たり)が飛んできたりしませんように…」と、祈りながら見ているので、逆に野球自体を楽しめず、抗議だ、提訴だ…なんて試合を目の当たりにした時は、胃がキリキリしちゃいます(^^ゞ
以前(一組織内の人間として)内側から見ていた私は、審判・記録の視点で野球を見るようになってしまったんですね…。

ある審判の方は、抗議を受けた後に、お子さんが、 (いつもはパパの試合をテレビで見ているのに)、 わざと自分の担当していないカードの試合を見ている…と、奥様から聞いたとき、お子さんが不憫でたまらないと、おっしゃっていました。
確かに自分の父親が、抗議を受けている姿を見てしまったら…子供心にも、どんなに、つらかったでしょうね。
#平林さんは、娘さんの心の中に、しっかり雄姿を焼き付けてあげて下さいね☆
Posted by hikaru☆ at 2006年08月22日 04:21
既に承知かと思いますが、我が川口リトルリーグがWS決勝トーナメントへ進出しました。他人事のように子供たちが凄いなと思いますよ!
平林さんも時間があったら現地もしくはテレビでの応援お願いします!
M田さんもウィリアムスポートへ行くみたいです。
もう、本当にすみませんね家族サービス中に。
(^Q^)/^
Posted by タマの大魔神 at 2006年08月24日 08:07
はじめまして、初コメントです。
今日、テレビでヤンキース対エンゼルス戦を見ていました。途中から見たんですが、なんと審判が3人制だったんです。(メジャーですよ)どうやら1塁塁審の方が体調不良で退場されたらしいです。初めて知ったんですがメジャーには控えがいないってことになります。珍しかったのでついずっと見ていました。
Posted by ヤユヨ at 2006年08月26日 15:15
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。