blog_top.jpg

2006年08月05日

Equipment Violation

昨晩の試合は、延長14回で3時間40分という長い試合でした。9回を終えたところで2時間30分でしたので、何かとても損をした気分です。サウスベンドチームのグランドキーパーのかたの知り合いがオーナーをしているレストランを紹介されていて、試合が早く終わったら行こうとAnthonyと話をしていたので、大変残念です。こちらのレストランは、大体10時ごろ閉まります。試合前にこのような話をしていると大体実現しないというのがこちらでのジンクスでもあります。

さて、この試合で珍しい事が起こりました。それは、”Equipment Violation”という報告をしなければならないケースです。これは、プレーヤーがバットやヘルメットなどの用具を悔しさのあまり、グランドやその他の場所へ激しく叩きつけたり、投げつけたりした場合に警告を与えます。試合後の報告書を書いて、リーグに送ると、リーグからそのプレヤーに罰金が課されます。これもひとつの”マナー”違反として罰しているのでしょう。選手への教育でもあるのです。アメリカのマイナー、メジャーリーグでこのシステムを導入しています。選手は我々の判定に対してもこのようなことをすることがあります。明らかに判定に対してである場合は退場を宣告すればいいのですが、時間差があってこのような行為をされると退場にすることは難しいのでこのような警告によってプレーヤーにやってはいけないことをわからせる意図があるのです。

この試合での"Equipment Violation"は、空振り三振した打者が、ダッグアウトに戻る際に、バットとヘルメットをダッグアウトのフェンスへ激しく投げつけました。球審をしていたAnthonyがすぐに警告を出し、監督もこのプレーヤーを交代させました。監督もしっかりこのプレーヤーをコントロールしたのでした。少しは反省するでしょう。このようなケースで警告されたのを初めて見ましたが、監督の理解があればこそ、それぞれのルールが生かされるということがわかったような気がしました。


posted by 平林岳 at 22:19 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
"Equipment Violation" いい話ですね。
アメリカの国技を国全体で楽しみ、ルールを守ることを第一に考えていることに羨ましさを感じます。
今年の夏の予選の試合でこんなことがありました。優勝候補の一角に上げられていたチームの試合ですが、ノーシードのチームにコールド負け寸前の時でした。
2死満塁から投手がレフトオーバーの長打を打たれました。このとき捕手が「どこ投げてんだよ。」と言ってマスクを地面に叩きつけました。一段落した時点で私は「タイム」をかけました。そして捕手に「君のチームメートに何を腹立てているんだ。そんなことしたらチームは勝てないよ。一番やってはいけないことだよ。マナーが悪すぎるぞ。」と諭すようにいいました。イニング終了後「監督に先ほどこのようなことがありました。アマチュア野球では絶対許せない行為です。しっかり選手を指導してください。」と言いました。監督も理解してくれました。
マナーの向上は小さいうちから教えていかないといけませんね。
Posted by katsu-k at 2006年08月08日 14:39
こんにちは。残りゲームがどんどん少なくなっていく毎日です。先週のゲームで2死1塁、打球が2塁審判に当たりそれをセカンドが捕り2塁へトスしました。私は審判に打球が当たった場合、「審判はフィールド上の石ころとみなされる」と思い3アウトチェンジと思ったのですが、記録はヒットで2死1、2塁からプレーが再開されました。MLBのルールでは審判に打球が当たった場合はボールデッドなのでしょうか?お教え願えますか?何故、記録がヒットになったのかもわかりません・・・。宜しくお願いします。
Posted by boys of summer at 2006年08月08日 17:32
■Katsu-kさん
日本の場合、高校野球からの影響は相当あると思います。そこでやっている選手達が自覚して、次世代に対しての責任を果たすことを知るべきですよね!宜しくお願いします。
Posted by オールドルーキー at 2006年08月09日 04:36
■boys of summerさん
お元気ですか?そちらの気候の良さをいつも羨ましがっています。ご質問の件は、内野内にいる審判に打球が当たった場合は、”石ころ”ではなく、ボールデッドで打者に安打がつき、押し出される走者は進塁できます。これは、公認野球規則で決まっていることなので万国共通です。内野手を超えたところで(1塁線上や3塁線上などで)、審判に当たった場合はインプレーになります。いずれにしても我々は当たらないように努力しています。
Posted by オールドルーキー at 2006年08月09日 04:42
質問の御回答ありがとうございます。万国共通の公認野球規則を知らず恥ずかしい限りです。記録員も内野の審判に当たるのは滅多にないことだと言っていました。ですが、ゲームが毎日のように続くと様々なプレーが起こり勉強になります。そちらに比べるとこちらは過ごしやすいのでしょう。もう夜は半袖では寒いくらいです。またコメント致します。
Posted by boys of summer at 2006年08月10日 12:53
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。