blog_top.jpg

2006年06月29日

初心の大切さ

昨晩の試合は、平穏無事に2時間45分ぐらいで球審を終えました。これでも、こちらに来てからの試合では、早いほうです。2時間30分を切るぐらいの試合をいつもできたらいいのですが・・・。

この試合では、じっくりと腰を据えて仕事をすることを心がけて試合に臨みました。ストライクゾーン、タイミング(ストライク、ボール、ハーフスイング、フルスイングなど)、フォーメーション、構える位置、頭の高さ、などチェックするべきことを1から確認しながら、球審の仕事をしました。まるで、審判学校で、生徒としてプロを目指していた時のようです。でも、そのころの気持ちを思い出したような気がします。とにかく、プロの審判になりたいという思いだけでした。他に雑念が入る余地がないのです。やはり、このような気持ちを持つということが大事なんですね。
CIMG0502.JPG
■この日の試合前。だいぶRoryの”手ぶれ”も減ったかな?

経験を積むということは、とてもいいことなのですが、悪い事もあります。それは、いろいろな雑念が入りやすいということです。いろいろなことを知る過ぎているがゆえに起こる現象なのでしょう。今晩の試合では塁審ですが、1から塁審としてやらなければいけないことを確認しながら、雑念を入れないようにして、集中して仕事をしていきます。


posted by 平林岳 at 02:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
平林さんのおっしゃる通り!!
何事も基本が大切ですネ!
私の末息子(双子)も今、高校一年で寮生活を送っておりますが
(私の嫌いな高野連!!)、まだ身体も心も成長期、とにかく
小手先に走らず、根気強く丈夫な根と、太い幹を(=立派な体幹)
と私自身への教訓としながら励ましております。
いずれにせよ、自分自身が好きで飛び込んだことに対しては
とことん好きになってもらい、それが、挫折や逆境に打ち勝つ
原動力になることだと思います。
平林さんの日記をいつも読ませていただきながら、自分への、
また、子供達へのモチベーションと...
お互い、時には基本に帰り、ステップアップしましょう!!
Posted by YOSHI イワサ at 2006年07月01日 01:05
平林さんのおっしゃる通りですネ!!
私も仕事でクライアントのコンサルティングで良く指摘します。
また、今高校一年で寮生活(私の嫌いな高野連にお世話になっています)を送っている、末息子(双子)にも常々、今は心身ともにまだ成長期だから、とにかく強風にもびくともしない、”太い根と幹”(=体幹)作りに励むように激励しています。
また、自分達のやっている事を好きになれば、モチベーションもあがり逆境や挫折をも、自分の糧にしてステップアップ出来ると、自分自身への戒めとしても常々言い聞かせております。
お互い、胸を張り充実した日々を送りましょう!!
Posted by YOSHI イワサ at 2006年07月01日 01:27
Posted by YOSHI イワサ at 2006年07月01日 01:29
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。