blog_top.jpg

2006年05月23日

レーザービームに見る基本の大切さ

イチロー選手の素晴らしいライトからの返球”レーザービーム”を見て、誰もが素晴らしいと感じたことと思います。あの素晴らしい返球は、どうして生まれたのでしょう。

もちろん、彼の持っている素晴らしい肩とコントロールなのですが、それを生かすためのテクニックを習得するために、血のにじむような努力を彼がしてきたということも忘れてはならないことだと思います。そして、そのテクニックを習得するための基本中の基本テクニックが隠されているのです。

昨日、ジャイアンツアカデミーを見学したのですが、そこで小学校1,2年生に対して、守備を教えていました。その内容は、打球を捕ってから投げるまでの”ステップ・ワーク”でした。”1、2、3”という掛け声に合わせて、左足、右足、左足というように足を動かす動作と投げる動作をうまくつなげて、合理的に正しく投げるための基本動作を反復練習していたのでした。その動作が、まさにイチロー君の返球動作と全く一緒だったのです。落下点を予測して、それよりも少し後から落下点まで助走をとり、捕ってから投げる動作がジャイアンツアカデミーで小学校低学年のこども達に教えていた、”1,2,3”のステップワークそのものだったのです。

子供さん達にも、メジャーの超一流playerの技術も、このような基本中の基本の上に成り立っているということを知っておいて欲しいと思いました。あのレーザービームも基本の上に成り立っているのです。このような、基本技術は、誰でも努力と経験によって習得できるはずです。審判技術も全く一緒なのです。野球のプレーも審判技術も、実際に打ったり、投げたり、アウト・セーフの判定をする以前に習得すべき、基本技術があり、とても大切なんだということを思い知らされたのでした。


posted by 平林岳 at 10:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは!先日のTop of the fenceの件、どうもありがとうございました!
しっかりとした基本技術と知識がないと難しい状況で対処ができないという事を改めて強く感じました。
日本では2人制ができる機会がなかなかありませんが、来月から行くシアトルで2人制ができる環境を見つけたいと思います。

ルールや技術面ででわからない事があったらまた質問をさせていただきたいと思っていますので、宜しくお願いします。
Posted by Mr. Clean at 2006年05月24日 21:22
■Mr.Cleanさん
シアトルですか。僕もノースウエストリーグに行く可能性が高いので、その時は観に来てくださいね!
Posted by オールドルーキー at 2006年05月27日 14:06
ありがとうございます!
その際には必ず試合を観に行きます!!
Posted by Mr.Clean at 2006年05月28日 06:59
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。