blog_top.jpg

2006年05月21日

レーザービーム

久しぶりに、テレビでじっくりとマリナーズの試合を観戦しました。そこで、日本人プレーヤー2人の元気な姿を見ることができました。

まずは、城島君の豪快なホームランです。彼らしく、高めの”くそボール”を豪快に振り抜き、レフトスタンドへ運びました。日本でプレーしている時に、バッティングが終わり、守りに来ると、バッティングの話ばかりしていました。「さっき打ったボールは、ストライクでしょ?」と聞かれて、「え〜、とんでもない、全然高かったよ。」と答えると、「そんな事ないでしょう。まあ、あのようなボールは、僕しか打てないでしょう。」とうれしそうに語っていたことを思い出しました。とにかく、バッティングが大好きで、素晴らしいセンスを持っています。現在、チームが勝てなくて、リード面のことで頭がいっぱいだと思いますが、彼の長所である”思いっきりの良いバッティング”を忘れないで欲しいと思います。

圧巻は、イチロー君でした。初回の先頭打者できれいに3遊間を破り、連続試合安打記録を伸ばした、バッティングはもちろんですが、”レーザービーム”という彼のライトからの返球は、本当に”凄かった”です。3塁走者のタッグアップをものの見事に刺しましたが、その送球の精度の高さは、彼しかできないそれでした。ライトの定位置からノーバウンドで城島君の構えているところにストライクの返球です。肩のいいメジャー選手は、たくさんいますが、外野からの返球でのコントロールがこれだけいい選手は、まずいないでしょう。世界一のレーザービームとでも言えばいいのでしょうか。本塁で、走者が激突してきましたが、城島君もしっかり死守し、1点差を見事に守ったのですが、本塁での激突プレーも、イチロー君の送球が、ストライクだったから起こるプレーなのです。メジャーらしい、見ていてワクワクするお金を稼げるプレーでした。

僕も早くこのようなプレーを裁けるようにがんばります!


posted by 平林岳 at 08:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
城島選手は、同級生メジャーリーガーなので、彼の活躍はとても 刺激になります。
明日、仕事で30分程ですが講演をするので、図書館で原稿作りをしていて、
普段、読まない「週べ」があったので目を通していると…。
萩原審判デビュー3連戦での、例の岩村が、三塁ベースを、踏んだか否かの判定について書かれていました。
なんと見出しが「審判の判定負け!?」 愕然とした、以下一部を抜粋します。
「ボール、ストライクの判定に神経をピリピリさせるチームが多いが、審判不信ムードが、球界全体を覆っているようだ」というもの…です。
Posted by hikaru☆ at 2006年05月21日 21:46
《「これでは審判不信が起きるのではないか」》に始まり、最後は《「技術に問題があるのでは‥」の声を否定するのは難しいようだ。》と締め括られていました。
「そこまで書くかな…」と愕然としました。これでは読者に、
審判不信ムードがあり、技術不足だと言ってるようなもの。
活字の影響力に、少し気を遣って欲しかったです。
#気を取り直して…(^^ゞ
城島選手に続き、審判の中では唯一同級生なのが、萩原さんです☆
色々書かれて辛かったと思いますが、これからも、審判として成長して行く姿を見守って行きたいです。
Posted by hikaru☆ at 2006年05月21日 22:14
今日某ラジオで巨人×楽天を聞いていると、最近の審判はカーブをあまり採らない。
その為、カーブ人口は減る一方でルーキーはカーブを投げズライ。
と言っていましたが、実際動なんでしょうか?
僕が見る限りではしっかりストライクの球はストライクを採りボールはボールと採っている気がしますが…

今日のパウエルも良い曲りをしていてしっかり採っていましたよ。
Posted by マル at 2006年05月21日 22:28
■hikaruさん
講演なんて凄いですね!がんばってください。若い審判がいい審判に成長できる環境に変えるために、皆でがんばっていきましょう。宜しくお願いします。
■マルさん
カーブを取らないということは、ないと思います。むしろカーブを投げる投手が減ったというほうが正しいと思います。僕が見た投手のなかでは、工藤さん(現巨人)、星野君(元オリックス)のカーブが素晴らしかったです。
Posted by オールドルーキー at 2006年05月22日 10:22
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。