blog_top.jpg

2007年07月31日

メキシコ家庭料理

今日は、試合の前にアレックスの実家まで行って、ランチをご馳走になりました。彼の家は、ロスアンジェルス市内で、今いるVictorvilleからは、車で約1時間15分ぐらいのところでした。彼の両親は、メキシコ出身で、メキシコ家庭料理をご馳走になりました。

メニューは、”エンチョラダ”(正確な名前はわかりません。)というとうもろこしから作った春巻きの皮のようなもので、少しスパイシーな味付けがしてあるチキンや野菜などを包んだ料理と僕がライスが好きだということを知っていたので、メキシカン・ライスも用意しておいてくれました。お世辞抜きに、本当においしかったです。アレックスの両親は、メキシコ人でアメリカにかなり長く住んでいますが、英語はあまり話せないようでした。アレックスと妹の2人は、アメリカの学校に行っていたので、英語とスペイン語の両方が、完璧にできます。

アレックスを通していろいろと料理のことなどを一生懸命説明してくれました。本当にいい家族の模範のようでした。普段、野球のことばかりしか考えていない自分たちにとって、このような空間にいる時間が必要性をつくづく感じたのでした。とても気持ちが和みます。

心のこもった家庭料理と暖かい家族団らんの姿を見て、僕自身の気持ちが和んだのと同時に、家族のことがとても恋しくなったのでした。あと1ヶ月と少しで帰ることができます。いよいよラストスパートです。最後まで来シーズンの自分の為に、がんばりたいと思います。

カリフォルニア州ビクタービルにて
Victorville,CA
平林 岳

●カウントダウン(シーズン終了まで)
残り試合 32試合
posted by 平林岳 at 16:39 | Comment(3) | TrackBack(1) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月29日

ニュー・パートナー

新しいパートナーが明日の日曜日から合流することが決まりました。本来は、Dan OliverがMidwest Leagueから来る予定だったのですが、顔面に打球を受け、後遺症が残っているため、いまだに医師からのGOサインが出ないので、次に待っているAlex Ortizが明日の試合から合流することになりました。彼もMidwest League で審判をしていました。ロス・アンジェルス出身の彼は、土曜日の夕方、自宅に戻り、これから僕達のクルー・カーとなるトラックを運転して、明日の試合から合流します。

よっぽどのことがない限り、彼と残りのシーズンを一緒に過ごすことになるでしょう。個人的には、昨年の秋にロング・ビーチ(カリフォルニア)で行われたMLB Umpire Campで一緒に仕事をしたので良く知っている人物なのでやりやすいと思います。彼は、両親がメキシコ人(彼は、生まれも育ちもアメリカだと思います。)なので、スペイン語もペラペラです。野球界では、スペイン語は、英語の次に使われている言語なので、彼から英語とスペイン語の両方を学びたいと思います。

今日の試合に、スーパーバイザーが査定に来ていました。Alexのカリフォルニア・リーグでの初試合で、いきなりスーパーバイザーが来るのは、少し酷ですが、これもアメリカで審判をしていく為には、乗り越えなくてはならない壁のひとつだと思います。初めて一緒に審判をしますが、素晴らしいコミュニケーションだとスーパーバイザーに言われるようにがんばりたいと思います。

カリフォルニア州ビクタービルにて
Victorville,CA
平林 岳
posted by 平林岳 at 17:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月28日

無事到着

無事に目的地のハイ・デザートに到着しました。昨日の試合後にサンノゼ空港にレンタカーをゲットしに行きました。そこでまず問題が発生しました。国際運転免許証だけでは、車は貸せないとあるレンタカー会社から言われました。そこで他のレンタカー会社を回り、Budgetレンタカーで何とか車を借りることができました。今回のサンノゼでの滞在では、サンノゼ・ジャイアンツ職員の関根さんに大変お世話になりました。ありがとうございました。

そこから、途中まで関根さんに誘導してもらい、いよいよ一人旅のスタートです。マップクエストの誘導を信じてひたすら走るだけです。午後5時にサンノゼを出て、US-101を南へ30マイル、ガーリックの匂い漂うギルロイ辺りでCA-152を東へ40マイル、アメリカ西海岸を南北に走るI-5を125マイル南へ走りました。この辺までは、まだ日が暮れていなかったので気持ちよく運転することができました。ここで、休憩をとりました。ガソリンを20ドル分入れて満タンにし、後半に備えました。ここからは、日が暮れていて、真っ暗です。しかも、ここからの道路は、殆どが、田舎道の一車線の狭い道で、街灯などがない真っ暗な道が続きます。午後8時15分ごろから休憩し、午後9時に後半戦をスタートしました。

CA-46を25マイル、CA-99を南へ20マイル、CA-58を東へ永遠97マイル真っ暗な、しかも山越えなどもありながらひたすらドライブしました。最後に目的地のレッド・ルーフ・イン・ホテルの赤いネオンサインが見えたときはとても感動し、充実感がありました。結局、到着は、午後11時40分ごろでした。マップクエストの計算では、6時間3分となっていたので、まあまあ予定通りに来れたほうだと思います。

何か、やっとマイナーリーグ審判になれたような気がしました。

ご心配をしていた皆さん、ありがとうございました。無事に到着できたことが何よりです。

カリフォルニア州ビクタービルにて
Victorville,CA
平林 岳
posted by 平林岳 at 03:05 | Comment(5) | TrackBack(1) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月27日

今年一番の大試練

大げさかもしれませんが、今年一番の大試練がこれから始まります。パートナーが怪我で仕事ができないので、暫くの間、地元アマチュア審判と仕事をしなければなりません。

今日の試合もデーゲームで、これから球場ににいきますが、誰がパートナーとして来てくれるかいまだにわかりません。

試合後は、600キロ離れた南部のハイ・デザートまで、自分でレンタカーを借りて運転していきます。そこでも、毎日日替わりで地元審判と仕事をするようです。

これからの10日間が山場だと思います。スーパーバイザーの査定もあると噂されています。気合を入れてがんばります。

カリフォルニア州サンノゼにて
平林 岳
posted by 平林岳 at 02:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月24日

別れと再会

日曜日のデーゲームを終えて、カリフォルニア中部のバイセリア(Visalia)から北部サンフランシスコ近くの都市サンノゼ(San Jose)に移動してきました。世界的にガーリック(にんにく)で有名なギーロイ(Gilroi)を通過してきましたが、さすがに周辺を通った時には、車外からニンニク特有のいい匂いが車内へ漂ってきました。

CIMG1350.JPG
■移動中の休憩ポイントにて クルーカーであったトヨタ・タコマ

サンノゼのホテルに着くと、いよいよパートナーのジョン(John Conrad)との別れがやってきました。たった10日間でしたが、本当に一緒に仕事ができてよかったです。2Aでも素晴らしい仕事をすることでしょう。ジェーソン同様、本当に親切にしてもらいました。いつかどこかで一緒に仕事ができることを祈っています。

新たなパートナーが怪我で仕事が出来ないので、明日から始まるサンノゼでの3連戦は地元アマチュア審判と仕事をすることになりました。どんな人と一緒に仕事をするかとても不安でした。ところが、その相手が、何と審判学校にいたときのインストラクターであったマークと聞き、とても驚いたと同時に安心しました。彼は、去年まで3Aパシフィック・コースト・リーグで審判をしていました。仕事上の大先輩なので、一緒に仕事ができる間に、いろいろと彼から学びたいと思います。本当に楽しみであり、ラッキーです。

CIMG1341.JPG
■カリフォルニア・リーグでの試合前の1枚

人との別れと再会、人生はこれだから面白いのです。

カリフォルニア州サンノゼにて
平林 岳
posted by 平林岳 at 17:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月21日

カリフォルニアの景色

今まで滞在していたホテルのインターネット環境が悪く、しばらく更新できませんでした。今日は、今までカリフォルニアの南部地区(ロス・アンジェルス周辺)から北上し、中部の小さな町、バイセリア(Visalia)というところに移動してきました。ミッドウエスト・リーグでの移動では、コーン畑の風景が続いてましたが、カリフォルニアは、わりと山が多く、今までとはまったく違う景色を見ることができます。それと、空の青さはやっぱり違います。本当に透き通った青い空です。

CIMG1337.JPG CIMG1336.JPG
■”カリフォルニアの青い空”少しは味わっていただけましたか?
 
さて、ここ数日間で、僕達クルーに環境の変化が訪れました。パートナーのジョンが昇格し、2Aのイースタン・リーグに配属が決まりました。日曜日までここで仕事をして、月曜日に飛行機で、ペンシルバニア州まで行くことになっています。そして、ミッドウエスト・リーグからダン・オリバーが昇格して、僕の新しいパートナーになる予定です。ところが、ダンは、現在怪我をして休んでいるので、来週の火曜日からの試合に間に合うかは微妙です。もし、間に合わなければ、地元のアマチュア審判と暫く仕事をしなければなりません。

又、ダンがまだ暫く復帰できないとなれば、多分、順番が次になっている審判が僕のパートナーになる可能性もあるようです。とにかく、これから残りのシーズンを一緒に戦う審判がはっきりしないというのは、とてもすっきりしない気分です。

アメリカで審判として生きていくためには、このような環境の変化にも影響されない、強い精神力が必要だということがよくわかりました。残り試合もあっというまに40試合ほどになってしまいました。シーズンを終了して、帰国できることを励みにもう一分張りがんばりたいと思います。

追伸:昨日、念願の吉野家で牛丼を食べてきました。味は、ほぼ日本の吉野家と一緒だったので、本当に嬉しかったです。感激しました。アメリカ人も”つゆだく”とか注文するのかなぁと考えてしまいました。
posted by 平林岳 at 17:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月18日

グランド・ルール

アメリカのボール・パーク(球場)は、それぞれがいろいろな形状をしています。それぞれの球場によっていろいろなグランド・ルールを定めて試合を行っています。このグランド・ルールは、ホーム・チームの監督の責任において決められています。初めて訪れる球場の場合には、特によく確認しておかないと試合中に困ることになります。

先日のHigh Deserd(ハイ・デザード)での試合でこんなことが起こりました。ここの球場は、ライト線のフィールドがとても狭く、そこにブルペンがあります。ライトのファールラインとフェンスまでの間が2〜3メートルしかない部分にブルペンがあります。ブルペンには、長いすと3個ほどにイスがフェンスを背にする形で置いてあります。そこにリーリーフ投手陣が座って待機しているのです。

その狭いフィールド地域に、1塁線上を際どく抜けたフェアーボールが転がって行きました。イスに座っていた数人の投手たちが、打球を避けようとイスを持って動こうとしましたが、打球に当たって、ボールが転がる方向が変わってしまいました。打球を処理しにやってきた右翼手は、一瞬打球の行方を失い、それから打球を再び見つけて、打球を処理し、2塁へ送球しました。

この球場でのグランド・ルールで、基本的にブルペンに置いてある物(イスなど)や選手達に当たってもインプレーということになっているので、この場合、塁審であった僕は、両手を広げて”Nothing!"のジェスチャーをしました。幸い、このときは、守備側チームのブルペンであったので、何もクレームなどもありませんでした。(守備側が守備を妨害するということはありえませんから・・・。)でも、もし、攻撃側チームがブルペンにいたのなら、多分もめることになったでしょう。なぜなら、打球に当たって、打球の転がる方向が変わり、守備の妨げになっていたからです。審判の判断で、故意に守備を妨げたと判断されたり、ボールを拾い上げない限り、守備妨害は宣告しないのです。

リーグが変わって、初めて行く球場がほとんどなので、球場独自のグランド・ルールには、特に注意が必要な毎日です。カリフォルニア・リーグは、歴史があり、古い球場が多いので、特別なグランド・ルールを有する球場が多いようです。試合前のホームプレートでの監督とのミーティングで、しっかりと自己紹介とグランド・ルールの確認を怠らないようにしていきたいと思います。
posted by 平林岳 at 18:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月17日

野球レベル

カリフォルニア・リーグに来て5試合を終えました。野球のレベルは、正直言って、ミッドウエスト・リーグとあまり変わらないような気がします。むしろ、投手のレベルはミッドウエスト・リーグのほうが高かったような気がします。たった5試合で判断することはできませんが、少しがっかりしたのが本音です。

昨日の僕が球審をした試合は、なんと21対5という試合で試合時間も3時間15分ぐらいかかりました。僕が、今年経験した試合のなかで、間違いなく最低の試合でした。とにかく、出てくるピッチャーが皆よくないのです。

試合後にパートナーのジョンに聞いたら、カリフォルニア・リーグは、ピッチャーのレベルが低くて、バッターのレベルはわりと高いところだよ。多分、将来のメジャーリーグバッターを育てるために、ここで、自信をつけるところという位置づけなのだと思うよ。といっていました。

とにかく、このリーグでシーズン終了までやらねばならないのですから、野球のレベルに合わせて審判をするのではなく、しっかりと自分のベストを尽くせるようにがんばってやっていきたいと思います。毎試合全力投球でいきたいと思います。
posted by 平林岳 at 16:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月15日

14年ぶりの再会

こんな事もあるもんです。今日のハイ・デザートというところでの試合で、ある人物に、14年ぶりに再会できました。その人物は、14年前に僕がノースウエスト・リーグで審判をしていた時のパートナーです。クリス・ハイミラーという名で、当時の住所にクリスマス・カードを毎年送っていたのですが、あるときから住所が変わったのか、返ってくるようになりました。それ以来、音信不通になってしまいました。何しろ、3ヶ月間2人きりで移動し、審判をして、家族よりも一緒にいる時間が長かった相棒です。本当に親切にしてもらいました。そんな彼に会えるなんて、本当に万に一の確立ぐらいだと思います。

彼が、サンディエゴに住んでいたことは覚えていました。それなので、カリフォルニア・リーグでやっていたら、いつかは会えるかなとは想像はしていました。まさか、こんなに早く会えるとは・・・。(まだ3試合目です。)感激です。

塁審であったので、1塁線上に位置していました。何気なく、スタンドを見たときに、彼の姿が見えました。すぐにクリスだとわかりました。彼も、たまたま仕事でハイデザートに来て、やっぱりマイナーリーグ審判を見るのが好きなようで、球場に来たそうです。そこで、すぐに、僕が審判をであることがわかったようです。

イニングの合間に、スタンド脇までいって少しだけですが、話ができました。名刺をもらったので連絡できると思います。結婚する前に、嫁さんにも会っているので、彼が帰る前に、”エミーに宜しく!”と言って球場を去って行きました。

シーズン中に必ずどこかで会って、ゆっくり話しがしたいと思います。こんな再会があるのも、いまだに野球審判を続けているからだと思います。野球の神様に感謝、感謝です。
posted by 平林岳 at 17:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月14日

新しいリーグでの2試合

カリフォルニア・リーグでの2試合を終えました。塁審と球審を経験しました。審判をすることは、何処のリーグへ行こうが、全く一緒です。しかし、それぞれのリーグの環境は少しづつ違うような気がします。

このクラスアドバンスAクラスでは、選手の立場がとてもシビアだそうです。このレベルで結果がだせないとクビになります。その分、審判の判定に対しての反応がシビアになります。事前にこのような情報を聞いていたので、たった2試合だけでも、そのような環境であるということを少し感じました。

カリフォルニアの生活環境は、ミッド・ウエスト・エリアとは、大きく違うということをいろいろと感じます。まず、気候が大きく違います。カリフォルニアは、かなり気温が上がって暑いのですが、湿気が少ない分とても快適です。汗の出方が全然違います。それと、カリフォルニアは、アジアの文化がかなり入っていて、至るところに日本食レストランや似ファースト・フードのお店をたくさん見ることが出来ます。何か、うきうきしますね、このようなお店の看板を見ると。まだ、トライしてませんが、いろいろなところへ行って見たいと思います。それぞれ、報告したいと思いますので、ご期待ください。

カリフォルニア州サン・バラディーノにて
平林 岳
posted by 平林岳 at 18:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月12日

カリフォルニアへ

今日12日(木)は、いよいよカリフォルニアへ移動です。今回は、さすがに車でドライブではありません。(もし、自分がドライバーだったら、運転していかねばなりませんが・・・。)

現在いるミシガン州のランシングからカリフォルニア州オンタリオまでの飛行ルートを検索すると、乗換えを何度もしなければならないのと料金がとても高くなってしまうそうです。そこで、デトロイトまでタクシーで行って、そこから飛行機に乗るように指示されました。ちなみにデトロイトまでは、1時間30分ぐらいだそうです。

午前11:45発の飛行機に乗って、目的地のオンタリオに午後3:45に着く予定です。ここで時差があります。カリフォルニアの3:45ということは、出発地ミシガンの6:45ということになります。ということは7時間もかかるということです。(セント・ルイスで飛行機を乗り換える為、1時間ぐらいあると思いますが。)

しかも、今晩の試合に出場しなければならないようです。(塁審ですが。)飛行機が遅れないことを祈ります。アメリカ野球界では、このようなことは日常茶飯事なので、驚いていたら生きていけない世界です。

それでは、行ってきます!次回は、カリフォルニアからの報告になります。

ミシガン州ランシングにて
平林 岳
posted by 平林岳 at 19:24 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月11日

特別な1日ー7月10日(火)

昨日1日は、僕にとって特別な1日でした。一生忘れない記念日になりました。この日は、メジャーリーグのオールスター・ゲーム開催日で、僕達マイナーリーグ審判も休みになった人が多かったと思います。

そんな日の始まりは、1本の電話でした。午前10時から、ジェーソンと前日にあった退場の報告書を書いて、移動先に出発する矢先でした。リーグ会長からの電話で、”ターキー、君は何処か違うリーグに移動しなければならない。いつも一生懸命仕事をしてくれる君を失うのは、悲しいが、別のリーグに渡さなければならないんだ。”と昇格を告げられました。”何処だと思う?”と聞かれて、”全く検討がつきません。”と応えると、”カリフォルニアだよ。きっと、日本人もたくさんいると思うよ。”とカリフォルニア・リーグ行きを伝えられました。

この日が来るのを待ち望んでいたので、本当に嬉しい知らせでした。ただ、ここまで一緒にやってきたジェーソンと別れなければならないのは、とても寂しいことです。本当に僕に対して親切にしてくれたパートナーでした。

そんなジェーソンと残り少ない時間を僕達の行きつけのお店”バッファロー・ワイルド・ウィング”でMLBオールスター・ゲームを観戦することにしました。その試合で、イチロー選手が大活躍をして、オールスター・ゲームのMVPに選ばれました。今現在の調子からして当然予測がついたことではありましたが、史上初のランニング・ホームランを打ったなんて本当にいつも凄いことをして驚かせてくれます。イチロー選手らしさを見せ付けたオールスターでした。2打席目のヒットなんか、投球が地面につきそうな低さだったのですが、うまくミートしてレフト前へ持っていきました。日本でプレーしているときに、何度も見たことのある、彼にしかできない”技あり”の1本でした。

そんなイチロー選手と同様に、斉藤投手も完璧な働きをみせてくれました。日本で見たときの全盛時より、はるかにいい投球に見えました。残念ながら、岡島投手の登板はありませんでしたが、日本でプレーしていた選手が、メジャーの桧舞台で、このような働きをしてくれるなんて、本当に嬉しいことです。日本で基礎作りをした、ソリアーノ選手も素晴らしい活躍を見せていました。

このような僕にとって身近な選手の活躍が、僕にとっての記念日を一生忘れることの出来ない印象深い日にしてくれた、彼らを心から尊敬し、”ありがとう!”と言いたいと思います。
posted by 平林岳 at 15:54 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月10日

MLBオールスター・ブレイク

今日7月10日(火)は、メジャーリーグのオールスター・ゲームの日です。殆どのマイナーリーグでも、メジャーリーグにあやかって、この日を休みにしています。ミッドウエスト・リーグのオールスター・ブレイク以来19日ぶりの休みです。しかも、2日間の連休です。今シーズン、僕にとって雨で急遽休みになった以外では、初めての連休になります。とても嬉しくて、興奮して寝ることができません。現在、朝の5時前ですが、目が覚めてしまったので、ブログを書いています。

午前中に12日から試合のあるミシガン州ランシングまで2時間ほどの移動をして、休みを思いっきり満喫したいと思っています。特に、何か行動する予定はないのですが、ショッピング・モールにでも行って、ウィンドウ・ショッピング(お金がないので買わないようにします。)でもして、スターバックスでコーヒーでも飲みながら、”Watching People”(通りすぎる人を眺めて、いろいろな事を考えます。)でもします。アメリカでの僕の”息抜き法”になっています。

審判仲間での噂で、僕より上級クラスの審判が、このMLBオールスター休みを機に、2人辞めるという情報があるので、今日にでも昇格の連絡が入るかもしれません。休みを潰して、次のリーグへ移動するはめになるかもしれませんが、嬉しい知らせだったら我慢できると思います。(アメリカ人は、辞めるといいながら辞めなかったりすることがよくあるので、噂は当てになりませんが。)どこのリーグに配属になるんだろう、などといろいろ考えてしまいます。(可能性としては、カロライナ・リーグかカリフォルニア・リーグになりそうです。)そんな思いもあるので、よく寝付けないのです。いずれにせよ、体を休めることが今の自分にとって一番大事なことなので、2日間は、あまり野球のことを考えないようにしたいと思います。

インディアナ州サウス・ベンドにて
平林 岳

P.S. 昨晩の試合でジェーソンが、ダッグ・アウトにいたコーチと物凄い勢いで口論し、そのコーチが暴言を吐いて、退場を宣告しました。アメリカの強い審判を絵に描いたような光景でした。本当にカッコよかったです。パートナーとして彼を誇りに思います。第3者として、眺めていて、”これもアメリカ野球のショーとしての一部なんだなぁ。”としみじみ感じました。お客さんは、大喜びでした。

それなので、今日移動する前に、退場報告書を書いてから移動しなければなりません。
posted by 平林岳 at 18:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月09日

フューチャーズ・ゲーム

日曜日のデーゲームを終えて、”バッファロー・ワイルド・ウィングス”というチキン・ウィングで有名なチェーン展開しているスポーツ・バーに”フューチャーズ・ゲーム”という有望マイナーリーガー達が出場する、メジャーリーグ・オールスター・ゲーム前日に前座として行われる試合をテレビで見るために出かけました。

この試合は、球団が期待する将来のメジャーリーガー達が、一同に集まり、U.S.A.チームとWorldチームに分かれて戦います。大体の選手は、2A以上の選手のようですが、1Aからも何人か出場していました。僕が所属しているミッドウエスト・リーグからも3人ほど出場しているのが、テレビを通して確認できました。いつも、見ている選手が、全米放送の電話に乗って、画面で見ることができるなんて、何か嬉しい気分になりました。ワールド・チームは、アメリカ以外の国籍を持つ選手で構成されているチームなのですが、残念ながら、日本人選手はいなかったようです。日本のプロ野球からメジャーへ行く選手はたくさん出てきましたが、このような試合に出るような、たたき上げの日本人選手がそろそろ出てきて欲しいと思います。

この試合に出場する審判は、2Aから選ばれます。このゲームは、メジャーリーグ主催なので、ユニフォームも普段はメジャーリーグ審判しか着ることができないMLBのユニフォームを支給されて着用できるようです。しかも、出場手当てなどもメジャーと同様の扱いのようで、この試合とホームラン競争に出場して、$2,000ぐらいは、もらえるようです。(我々の普段の1か月分の給料ぐらいです。)僕達審判も、このオールスターに出場することが、ひとつの目標になっているのです。
posted by 平林岳 at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月08日

退場宣告後の仕事

退場のあった夜は、当然報告書を書かなければなりません。試合が10時頃に終わって、シャワーを浴びて、着替えて、荷物を詰めて、球場を出ます。ホテルに帰る前に、”アップル・ビーズ”というファミリーレストランで食事をして、12時ごろにホテルへ戻り、それから退場レポートを書きました。今回の退場に関しては、簡単な報告で済んだので、30分ぐらいで書き上げました。それをリーグ会長とPBUCのボスのところへもメールで送りました。その後、ブログを書いてからベッドに入ったので、寝たのは3時ごろでした。今朝は、移動日だったので、9時に起きて、10時に出発しました。

退場があった夜と移動日が重なるととても忙しくなり、睡眠時間が削られます。移動後に昼寝を1時間ほどしましたが、やっぱり眠いです。移動があるからといって、退場宣告することを控えるわけにはいきません。でも、極力ないように願っているのが本音というところでしょうか。

明日の日曜日はデーゲームです。ブログを書いている現在は、午前12:30です。そろそろ明日に備えて寝ることにします。

インディアナ州サウス・ベンドにて
平林 岳
posted by 平林岳 at 13:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月07日

退場#2

僕個人としては、今期2人目の退場宣告をしました。先日の乱闘の際に、きっかけとなった2人を退場させましたが、自分に対しての行動で退場させたのは、これが2人目です。

回の先頭打者が2−2カウントから左投手の右打者インコースへのカーブで見逃しの三振を宣告しました。本当に素晴らしい変化球でした。打者が怒るのも無理はないと思うような投球でした。打者は、”That's inside!”(外れてるだろう!)と言ってきたので、”That's good pitch!”(いや、入っている!)と言い返しました。打者は、ベンチへ戻ろうとしたのでしたが、止まってこちらを見て、”You are horrible!”(おまえは、ひどく嫌なやつだ!)と言ってきたのので、退場を宣告しました。

監督が、3塁側のコーチスボックスから飛んできて、”何で退場にしたんだ!”と聞いてきたので、”自分のことをひどく嫌なやつだ!と言ったからだ。”と応えました。すると、”彼は、ベンチへ帰ろうとしていたじゃないか!退場は、させられないだろう!”と言いました。確かに、最近のマイナーリーグ審判を統括しているPBUCのスーパーバイザーは、帰り際の捨て台詞は、極力退場させないようにという傾向はあります。チームサイドからの圧力でそうなっているのでしょう。でも、それを全て許していたら、僕ら審判は、好き勝手言われ放題になってしまいます。しかも、今日の場合は、打者は、去ろうとしましたが、止まって、こちらを見て暴言を吐きました。僕には、今日の場合は、捨て台詞として許せる範囲ではなかったのです。

レポートを見た、我々のボスが何か聞いてくるかも知れません。でも、今日の退場は、審判の権威を守る為に、自分自身にとって、とても満足のいく退場であったと思っています。
posted by 平林岳 at 15:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月06日

Independence Day 独立記念日

昨日は、アメリカの独立記念日で、各地で花火を打ち上げてアメリカの誕生日をお祝いしていました。こちらは、日の入りが遅いので、午後6:30からの試合で、終わったのが9時前でしたが、まだまだ明るく、花火を見ることが出来る状態ではなかったのです。観客の人々は、思い思いに時間を潰して、10時過ぎから始まる花火大会を持っていました。僕達も、食事をしてから、レストラン駐車場で、じっと花火を見ていました。約30分ほどでしたが、ジェーソンも僕も無言で、ひっきりなしに打ち上げられた花火をじっと見つめていました。僕は、やはり、隅田川の花火大会を思い出しながら鑑賞していました。ジェーソンは、きっと彼女といっしょに見た独立記念日の花火大会を思い出しながら見ていたんでしょう?

さて、過日に我々のクルーが遭遇した”大乱闘”のシーンをウェブサイトで見つけましたので、皆さんも見てください。

http://www.wkyc.com/news/news_article.aspx?storyid=70394&provider=top

自分達が現場で見たものよりも映像でみると激しく見えます。映像からは、もっと多数の人物を退場させるべきだと反省しています。今度、このような経験をたくさんしているメジャーリーグ審判達に、このようなプレーが起こった場合の上手な見方を聞いて見たいと思います。きっと何かコツがあるはずです。

ミシガン州ランシングにて
平林 岳
posted by 平林岳 at 15:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月04日

2人制審判の死角

イチロー選手と斉藤投手がMLBのオールスターゲームに出場することが決まりました。2人とも日本人の誇りです。是非、自信を持って、思い切ってプレーして欲しいと思います。

今日の試合でこんなプレーがありました。2塁にいた走者が盗塁しました。送球より足がベースに着くほうが早く、セーフでした。ところが、走者のスライディングが勢い余って、足がベースから離れてしまいました。そこで、走者は、戻ろうと足を伸ばしています。3塁手は、タッグを試みています。僕は、塁審でこのプレーを判定しなければなりません。自分がいた位置からは、走者の足がベースへ戻るほうが一瞬早いように見えたので、”セーフ”を宣告しました。ところが、3塁手が、”足が離れている!ベースに着いていない!見てくれ!見てくれ!”とタッグしたグラブで走者の足を押さえながら、必死に抗議していました。僕は、内野内のマウンド3塁よりに位置しています。走者は、ベースを挟んで、ちょうど反対側にオーバースライドしました。そうなんです、僕にとって一番このプレーを見るのに悪い位置にいたのです。ベースの高さがあるので、走者の足がベースについているかどうかが、全く見えない位置だったのです。おそらく、10センチぐらい離れていても、着いているかどうか確信できないでしょう。そのぐらいちょうど一番悪い角度だったのです。

走者もとても正直な選手で、その状態のままでいてくれました。僕は、角度をとってベースに近づき、走者の足が、2センチほど離れているのを確認し、”アウト!”と判定を覆しました。このプレーの判定は、2人制審判の死角となっている部分です。でも、それを皆が理解しているので、このように判定を覆しても誰も文句一つ言わずに、ゲームが進行していきます。判定を野手の抗議によって覆すなんてことは、通常ありえないことです。でも、今回のようにそれが通るのは、フィールドにいる人たちが、フェアープレーの精神を理解し、審判の仕事、2人で審判していることを少しは、理解してくれているからこそ、通用することであると思います。
posted by 平林岳 at 14:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月02日

休日(気分)の過ごし方

TBSのJSPOはいかがでしたでしょうか?僕自身は、もちろん見ることができなかったので、ご覧になったかたは、簡単な感想をコメントに書き込んでいただけると嬉しいです。宜しくお願いします。

さて、今日は日曜日で、午後2時開始のデーゲームでした。翌日は、夜7時開始なので、休み気分を味わうことができる幸せなひとときです。いつものように、ジェーソンと映画を観にいくことにしていました。今回は、とても観たかった”ダイハード3”です。

滞在先のホテルの隣に映画館があり、上映時間を調べたら、午後7時20分からでした、試合が終わってホテルに着いたのが、5時過ぎだったので、僕は近くのショッピング・センターをぶらぶら散歩することにしました。”ワールド・マーケット”というお店があることを知っていたので、何か日本食のような食糧があることを期待して行ってみたかったのです。20分ぐらいかけてそのお店まで行ったのですが、食料品は殆どなく、雑貨や食器、家具などがほとんどでした。ちょっと期待はずれです。

がっかりしながら歩いていると”オリエンタル”というお店の看板を見つけました。行ってみると、日曜日は、5時までだったので、もう閉店していたのですが、ガラス越しに覗くと、食料品が主な商品のお店のようでした。このようなお店を探していたのです。明日にでも行って、日本製のカップラーメンなどを仕入れてこようと思います。

ホテル近くまで戻った時に、どこからともなく風に乗っていい匂いが漂ってきました。カレーの匂いです。看板を見ると、”テイスト・オブ・インディア”というインド料理のお店だったのです。前から一度はトライしてみようと思ってはいたのですが、なかなかできずにいました。お腹も空いていたこともあり、時間はあまりなかったのですが、入ってみました。メニューを見ると、いろいろありすぎてよくわからなかったので、”チキン・カレー”と書かれていたものをオーダーしました。白いライスと黄色いカレールーが別々出てきました。これが、日本にもあるような、本場インド風のカレーライスで、本当においしかったです。食欲をそそる香辛料とスパイシーさが絶妙で、あっという間に食べてしまいました。

これから益々暑くなって、食欲がなくなったような時には、やっぱりカレーです。インド料理のお店は、わりとアメリカのどこに行ってもあるようです。実は今回が初めてのトライでした。もっと前から知っていればよかったと思いました。これからは、どんどん利用しようと思います。
posted by 平林岳 at 14:46 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2007年07月01日

放送開始時間の変更 TBS JSPO

本日放送予定のTBS JSPOの放送開始時間が変更になっているそうなのでお知らせします。24:10開始予定とお知らせしていたのが、15分遅れて、24:25放送開始予定だそうです。宜しくお願いします。

先日、僕達が遭遇した大乱闘のシーンが、地方の放送局スポーツニュースで流れたそうです。ラスベガスにいた他のマイナーリーグ審判が伝えてくれました。やはり、このような出来事は、皆興味を持っているんですね。特にファイト好きのアメリカ人は、このような映像を興味を持って見る人がきっと多くて、視聴率を稼げるのかも知れません。

ちなみに、この乱闘のあった翌日に違うチームの試合に行ったのですが、試合前の監督とのミーティングでも、両監督が前日の出来事について真っ先に聞いてきました。そして、その監督から、発端となった投手に突進して行った、打者が、膝と肩を壊して、今シーズンは、もう試合に出ることが出来そうにないということを僕らに報告してくれました。僕達より早く、そのような情報を得るなんて、みんな興味心身なんですね。こっちが驚きました。

怪我した、選手は、チームの為にやったことだと思いますが、その代償は大きいということです。誰も、保障はしてくれません。何か、プロの厳しさを知ったような気がします。
posted by 平林岳 at 13:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。