blog_top.jpg

2006年09月27日

野球界の新しい流れ

北海道日本ハムの金村投手の発言が大きな波紋を呼びましたが、球団の勇気ある処分に日本プロ野球界の明日に一筋の光がさしたような気がしました。今までは、チームの戦力である選手に対して、又チームの勝利に影響があるような処分を控える傾向が強かったので、野球界が正しい方向へ動いているという実感が得られたような気がします。優勝を争っている現在、このような常識的な判断ができるチームに良い結果が出るような気がします。

昨日、ヤンキースの試合で、ストライク・ボールの判定に関しての抗議で、一度に監督と投手コーチの2人が退場になるという出来事がありました。日本の皆さんには、すごい事件のように写るのかもしれませんが、アメリカでは、よくあることで審判としてはこのような事をコントロール出来ないと、とても仕事が大変になってしまいます。1試合の中で、投球に関して判定する回数は300球以上になる場合もあり、いちいちこのような抗議を許していたら、きりがなく、収集がつかない結果になります。ですから、規則で、特に投球に関しての抗議を厳しく規定しているのです。この辺も、根底にはファンに出来るだけ無駄な時間を与えずに試合をスムーズに進行するという意味あいがあるのです。

試合後の監督やコーチのコメントが、「一瞬自分をコントロールできなくなってしまった。」「投手を守るために退場になった。」など判定に関して一切触れないということがアメリカらしいです。日本でも早くこのような認識になって欲しいと願っています。
posted by 平林岳 at 12:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2006年09月25日

パ・セ審判にエール!

土曜日には、欽ちゃん球団G・Gとテリー伊藤さんのチームの試合をジャッジしてきました。コメントにも書いてもらったのですが、いつも放送のかたから”糖尿の気がある。”と紹介されます。(場を盛り上げようとして。)そんなに見かけで、糖尿があるように見えますかね?ご意見を下さい。実際は全くないですよ!

少し前になりますが、セリーグの試合で観客の妨害でホームラン性の当たりを2塁打と判定しているのをビデオで見ました。素晴らしいチームワークによる判定だったですよね。このような判定があった時には、もっと取り上げて褒めて欲しいと思いました。あの判定は、ビデオでみれば簡単に見えますが、あの場に判定するという責任を持って、みているととても難しくみえるものなのです。(審判をやった事のある人しかわからないと思いますが・・。)素晴らしい判定であったと思います。

パリーグは、上位チームの順位確定がないまま、残り2〜3試合になりました。これは、審判にとって本当にシンドイことなのです。ありきたりのことしか言えなくて申し訳ないのですが、当事者の皆さんがんばってください。心より応援しています。ファンの皆さんもその辺を理解したうえで見てください。お願いします。それが終わってもプレーオフがあるのです。本当に体調には気をつけてベストで望んでください。
posted by 平林岳 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2006年09月21日

日常生活に戻って・・・。

帰国後、どうしても気持ちが入らず、つい更新を怠ってしまっています。申し訳ありませんでした。気持ちを入れ替えてがんばりますので読んでください。

日常生活に戻った現在は、(株)ライツでサラリーマン生活を送っています。といっても業務は、アンパイア・クリニックの準備などやはり審判関係のことをやらせてもらっています。自由に動かしてもらっている分、責任と大きなプレッシャーを感じます。ビジネスとしてやらせてもらっている以上利益を出せるようにがんばっています。皆さんがクリニックに参加してくれることが一番の協力です。宜しくお願いいたします。本年度もジム・エバンス校長が来日します。是非、体験して、本場アメリカ審判技術の素晴らしさを知って欲しいです。今回より、エバンス校長のご好意により、クリニック参加者のうちから成績優秀者1名には、ジム・エバンス審判学校(5週間コース)に留学する為の奨学金を得られるということです。授業料が免除になるそうです。留学をお考えのかたには朗報です。がんばりましょう!月末には詳細を発表できると思いますのでご期待ください。

■株式会社ライツ
http://www.s-rights.co.jp

11月にカリフォルニア・ロングビーチで行なわれる、MLB Umpire Camp という1週間の審判講習会にインストラクターとして参加することが決まりました。このキャンプは、MLBが世界の審判を対象に、アメリカ審判技術のスタンダードを世界に広めることとメジャーリーグ審判への門戸を世界へ広げる目的があるようです。審判学校のカリキュラムを凝縮したもので、審判学校へ留学する前の”予習”にはうってつけです。まだまだ参加者を募集しているようなので、お時間とお金に余裕のある方は参加してみて欲しいです。初めての試みだそうです。

■MLB Umpire Camp
http://www.mlbuc.com

土曜日に横浜スタジアムで欽ちゃん球団とテリー伊藤さんのチームの試合に出場します。これからも来季に備えて出来るだけ審判をしていきたいと思っています。どこかで見かけたら声をかけてくださいね。我々と一緒に審判をしたいと思う方はUDCに入会してください。チャンスをドンドン創っていきます。楽しんで審判をしましょう!

■特定非営利活動法人Umpire Development Corp.
http://www.umpire-dc.org/


posted by 平林岳 at 23:13 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2006年09月18日

試合時間

昨日インボイス西武ドームでの試合をゲスト解説とし観戦しました。久しぶりに日本のプロ野球を1試合全部見たのですが、本当に試合時間が長く感じました。3時間17分の試合時間でしたが、僕にとってはすごく長い試合に感じました。日本で審判をしていた時は、当たり前のような試合時間だったのですが・・・。

試合を見ながら原因を考えてみました。一番大きな要因は投手交代が多いということを感じました。インボイス西武ドームでの試合でも両チーム6人の投手を使っていました。特に目に付いたのは、”ワンポイント・リリーフ”という使い方をしていることでした。打者1人に対してリーリーフ投手を1人投入する使い方です。例えば左の代打が出てきた場合に左投手を投入し、次の右打者には新たな右投手を投入します。確かに左打者は左投手を打ちにくいという確率が高いのでしょうが、その投手のその日の調子のほうが大事だと思います。僕は何度もワンポイントの投手がフォアボールを出したところを見ています。それを見たときには、それまで投げたいた調子の良かった投手をなんで続投させなかったんだと一人で怒っていました。(試合が長引くので。)この数人のワンポイント・リリーフによって10分〜20分の試合時間の延長になっていることは間違いありません。

それと、アメリカ野球の比べ、投手の投球間合いが長いことが原因に挙げられると思います。今季1Aリーグで数人の台湾人投手を見ました。彼らの投球間合いが皆アメリカ人のそれより長いのでした。これは、アジア野球の伝統なんですかね。アメリカの投手は、早く投げたがります。城島選手がシーズン始のころに、ベテランモイヤー投手に早くボールを返球してくれと怒られたそうです。城島君は、ボールと審判に宣告された時に、惜しそうにミットを残して、審判にアピールしていたそうです。(日本人捕手はよくやりますよね。)それを見たモイヤーが早くボールを返すように怒って要求したそうです。惜しそうにミットを残したって判定が変わるわけないということを良く知っているからです。それよりも次のことを考えるほうを優先させるのは当たり前ですよね。”過去を悔やむより、現在にベストを尽くす”ということです。間合いがいいと、味方チームメイトの打撃にもいい影響があるようです。投手の間が悪いときに、どれだけ野手が不満を持っているか知っていますか?多分100%の野手がテンポのいい投手の時に打ってやろうと思っているはずです。1試合に数百球もの投球を投げるのです。この間合いによって、試合時間が大きく変わるのは当然なのです。

勝負に試合に勝つ為に間を取ることも必要なのでしょうが、見ているファンや、それを裁く審判がどれだけイライラしているかも考えて欲しいです。テンポのいい投手のときのほうが間違いなく判定の精度も上がります。投手の皆さん、これは知っておくべきです。
posted by 平林岳 at 23:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2006年09月17日

久々の日本プロ野球

帰国してから、数試合日本のプロ野球を見る機会がありました。1、2軍両方ともです。(テレビ観戦も含む)久しぶりに見て感じたことが2,3ありましたのでここで書かせてもらいます。

まず感じたのは、アメリカ選手がスローイングする時の球速の早さです。これは、もう上体パワーの差としかいいようがないのでしょう。特に内野手が無理な体勢から投げる時に、その差を感じます。信じられないようなスピードで1塁まで届くのです。あそこからだったら完全にセーフになると予測するような位置から矢のような送球でアウトになったのを何度も見ました。(審判はアウト・セーフを予測してはいけませんよ!)上体のパワーだけであそこまで投げられるというのは、もう生まれつきの身体が違うとしかいいようがありません。イニング合間のスローイング練習をみていてもその送球の速さを感じることができます。もっとも1Aクラスでは、正確さはいまいちですが・・・。(レベルが上がれば正確さも増すのでしょう。)

それと、日本のプロ野球では、イニング合間などのイベントが殆どないということを再認識させられます。日本では、チームや選手の練習が最優先なんですね。アメリカでは、メジャーでも選手の練習より、お客さんが試合中に楽しめることが最優先なようです。フィールド上で選手が練習している間でも、平気でイベントを行なっています。ファンが一番大切にされているということを強く感じさせられました。日本でも、このような感覚は見習うべきであると思いました。

今日のデーゲームでのテレビ中継でのことですが、走者3塁で、ファールボールが3塁走者にファール地域で当たりました。アナウンサーのかたは、”あれ、打球に当たったのにアウトではないんですかねえ。ワンバウンドして当たった場合はアウトにならないんですかねえ。”というようなことを言っていました。解説のかたに聞いてもよくわからないようで、答えを濁していました。アナウンサーや解説のかたがルールに詳しい必要はないと思いますが、ある程度のことは知っておいて欲しいと思います。それは、それらのかたがたが言ったことの影響力がとても強いということです。間違ったことをしゃべると、一般のファンがそれを正しいと思ってしまうのです。場合によっては、審判が間違っていると、平気で言い切るかたもいました。これは、大変軽率で、どれだけ審判に迷惑がかかるかを自覚していただきたいと思います。

ちなみに、このゲームの解説は某H氏だったので、日頃の恨みとばかり、”渇!”とテレビに向って叫び、連呼したのはいうまでもありません。基本的に、ファール地域で走者に打球が当たってもファールボールになります。
posted by 平林岳 at 00:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2006年09月15日

UDCの方向性

昨晩は、我々の法人UDCの有志が3人の日本人マイナーリーグ審判を招いてくれて、TGIフライデーズで”おかえりなさい会”を開いてくれました。ビールと僕の大好きな”バッファロー・チキンウィング”でいろいろな話に花が咲きました。審判や野球の話をしていると本当に時間が経つのが早いです。早く、英語でもこのようになって欲しいものです。(努力が足りないだけです・・・。)

UDCの方向性ですが、まず、審判の正しい地位や立場を一人でも多くのかたに理解してもらえるように、情報を発信することが必要なのです。3人がブログにて、アメリカからの情報を発信しているのもこの目的の意味もあるのです。そして、実際に審判としてどのように現場で対応していくかということを、イブニングセミナーやクリニックによって伝える場を今まで以上に増やします。そして、新たな試みとして、その知識や技術を実践で生かす場をこちらで作っていきます。今のところ少ないのですが、着実に増やしていきたいと思っています。各地区の独立リーグや多様な野球リーグにも審判を派遣できるように努力していき、多くの皆様に実践の場を提供していきたいと思っています。ご期待ください。

僕自身も日本のセパの審判としっかりとコミュニケーションをとり、しっかりと方向性を見極めていきたいと思っています。

ちなみに、17日(日)は、インボイスドームでの西武ーオリックス戦をFM NACK5でゲスト解説として登場します。元気な声をお聞き逃しなく!

posted by 平林岳 at 10:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2006年09月13日

オフの計画

帰国して3日も経ったのに、いまだ時差ぼけが抜けず毎夜3時、4時ごろ目が覚めます。せっかくなのでいろいろと考えごとや調査をする時間にあてています。その影響で、午後になると眠くなります。気が緩んでいる証拠ですね。そろそろエンジンを駆けて、オフを充実させたいと思います。

オフにやらなければいけない仕事で主なことが4つあります。お世話になっている(株)ライツとしての仕事で、ジム・エバンスのアンパイアクリニックを開催することです。これが又大変なんです。一番大変なのは、スポンサー探しです。このブログをみてくれているかたで、心当たりがあるかたは是非コメントを入れてください。個人でも結構です。宜しくお願いいたします。それと、子供達のための野球スクールを立ち上げることも僕に課された任務です。こちらもピッチを上げなければ、来春にオープンできません。

3つ目がNPO法人UDCを事業化、組織化することです。皆、それぞれが仕事を持ちながらの運営で、なかなか思うように整備できないでいました。このオフに僕と野中君と井上君で協力してうまく機能するような組織に改善していこうと考えています。ジム・エバンス氏の協力も得られるようなので、何とか素晴らしい、皆さんにとって意義のある法人にしていきますので、ご協力をお願いします。

4つ目が、自分自身が来季安心して渡米できるような準備をすることです。ここが1番大変なことなのですが、1番何とかしなければいけないことです。ない知恵を絞って、がんばってみます。この他にも英語力を強化することや体力を維持することは、言うまでもありません。時間を無駄にせずに充実したオフを送れるように努力していきたいと思います。皆さんのご支援も宜しくお願いいたします。
posted by 平林岳 at 12:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2006年09月10日

ハンカチ王子

ご無沙汰してしまってすみませんでした。無事にラストゲームを終えて、翌日コロラドのジム・エバンス審判学校 校長先生宅によって、昨日(9日)に成田に到着しました。しばらく日本での生活になります。ジム宅では、自分のパソコンが使用できず、更新が滞ってしまったことを深くお詫びします。

ひとつ皆さんに知っておいて欲しいルール知識があります。それは、日本でフィーバーした”ハンカチ王子”についてです。何となく問題なく見過ごしそうですが、実は大事な問題が含まれているのです。投手というポジションは他の野手と違い特殊なポジションであるということをまず、知っておいてください。そこで、こんなルールがあります。8.02(b)投手が如何なる異物でも、身体につけたり、所持すること。本項に違反した投手はただちに試合から除かれる。とあります。これは、もともと何かナイフなどを所持し、ボールにキズをつけて投球に変化をつけるようなことを防止するためのルールです。”ハンカチ”も異物になるのです。ハンカチでボールにキズは多分つきませんが、ハンカチに何か特殊な液体などをつけておき、投球する指をポケットに入れて、その液体を指先につけることが出来るのです。だから、投手は、リストバンドなどもつけられないのです。

もちろん彼は、ハンカチを汗を拭く為だけに持っていたのですが、ルール的には、投手はハンカチを持ってマウンドに上がる事はできないのです。高校野球の内規で許可されていたのだと思いますが、公認野球規則上は、上記のようになっているということを知っておいてください。アメリカでは、お守りのようなリストバンド(ミサンガ)や、細いゴム製のリストバンドも投球するほうと反対の腕であれ、つけることを禁じています。これは、ルールを守っているからなのです。投手に対しては、特殊であるということです。
posted by 平林岳 at 06:20 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2006年09月04日

マジック1!

今日の試合を終えて、ミッドウエストリーグの残り試合は、1試合となりました。シーズンスタート時は、ストライキで、プロ審判不在でスタートしたシーズンですが、明日でレギュラーシーズンの全てが終了します。雨で試合を中断したり、シーズン中に昇格により、リーグが変わり、パートナーも変わりました。本当にいろいろな事が次から次へと起こり、いい経験が出来たと思います。ここでの経験を必ず来季に生かせるようにしっかりオフシーズンに整理しておきたいと思います。あと1試合と考えると、感慨深いものがあります。

今季の出場した試合数ですが、ノースウエスト・リーグ(ショートA)で22試合、ミッドウエスト・リーグ(ミドルA)で51試合の合計73試合をこなした事になります。そのうち、球審が36試合でした。何よりもシーズン中にケガや病気で1試合も欠場しなかったことが何よりうれしいことです。自分達が任された試合を雨などで1試合も他のクルーに譲る事もなかったことも誇りに思います。

退場宣告は、NWLで2人、MWLで2人の合計4人で、監督2人、選手1人、トレーナー1人の内訳になります。マイナーリーグでは、平均ぐらいだと思います。提訴試合が1試合、サスペンデッド試合が3試合もありました。退場と提訴試合が同日に重なり、パートナーのAnthonyに手伝ってもらい、朝5時半までかかって書いた報告書が今になってはいい思い出です。

全体として、自分で感じている弱点と課題は、やはり英語力だと思います。クラスが上にいけばいくほど選手や監督、GMをハンドリングする必要があります。そこで、しっかりとした言葉でコントロールする英語力不足を強く感じました。正しい報告書を書くための英語力もまだまだ必要なようです。これから来季までにやらなければならないことは、山ほどありますが、出来る限りやっていきたいと思います。今はまず自分自身に”お疲れ様でした!”と言ってあげたい気持ちです。(まだ明日の試合がありますが・・・。)
CIMG0728.JPG
■嫁さんに撮ってもらった”ストライク3”。今季、こうやって何人の打者を殺したのでしょう?きっと恨まれます。
posted by 平林岳 at 12:15 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2006年09月02日

家族と過ごした1週間#4

8月22日、23日は最初で最後の連休でした。これがあるので、家族をこの日程で呼んだのです。22日はシカゴ郊外にある”6フラッグス、グレート・アメリカ”という遊園地へ出かけました。
CIMG0763.JPGCIMG0778.JPG
■このようなジェットコースターばかりがたくさんあります。

ダウンタウン・シカゴから車で45分、ナパビルからは1時間ぐらいのところにあります。この遊園地には、たくさんのジェット・コースターがあり、絶叫マシーン好きには応えられない遊園地です。里紗もジェット・コースター系が好きだと思ったのでここを選んだのですが、4年生になり、だんだん怖さを覚えたようで、今回はあまり乗りたがりませんでした。でも夏季期間は、大きなウォーターパーク(プールやとてもでかい滑り台などがたくさんなるエリア)があり、そちらで1日の殆どを過ごしました。家族3人子供のように楽しく遊べました。今年のシカゴの夏は、とても短く、もうこの日もあまり暑くはありませんでした。水から上がると寒いぐらいです。
CIMG0777.JPGCIMG0772.JPG
■ウォーターパークにある”トルネード”というアトラクションで、このラッパのような中を4人乗りのボートが回転しながら滑り落ちます。

開園時間が午前10時から午後7時までだったのですが、6時過ぎると閉まっているアトラクションが増えてきて、日本の遊園地なら閉園ぎりぎりまで乗り物にのれるのに、こちらでは、閉園時間には全てストップしてしまうという、アメリカビジネスの一部を垣間見たという気がしました。この時間から帰ると、当然のように駐車場で帰宅ラッシュに巻き込まれたのはいうまでもありませんでした。
posted by 平林岳 at 23:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

2006年09月01日

ゴルフ

昨日の試合前に、パートナーのAnthonyとゴルフに行きました。僕がゴルフをするのは前年のガルフコースト・リーグにいた時に1度だけ休みの日に行った以来でした。チームから紹介してもらったコースで、とても美しいコースでした。
CIMG0848.JPG
■ゴルフを楽しんだ”ボルダー・クリーク”ゴルフコース。

アメリカのゴルフコースに多いのですが、周りにリーゾートハウスのような家が並んでいます。打球が何処に行くかわからないような僕達には、少しプレーしずらいのです。(家に打ち込みそうで・・・。)

クラブを持参していないのでクラブを借りて、すぐスタートできました。日本でゴルフをすると、時間に厳しくせわしないのですが、こちらではわりとルーズで、1番ホールに行った順にスタートできました。午前10時半ごろスタートしたのですが、もう前後にプレーしている人がいなかったのでとても気楽にゴルフを楽しむ事ができました。それと、何よりとても天気が良かったのが一番でした。気温も20度ぐらいで、汗かきの僕でもさほど汗がでませんでした。
CIMG0852.JPGCIMG0853.JPG
■”アドレス”と”フィニッシュ”です。どうですか?

久々のラウンドだったのですが、ドライバーショットがとても調子が良く、気持ちよくボールを打てたので本当にいい気分転換になりました。ちなみにパッティングはめちゃめちゃ悪かったのでスコアはあまりよくありませんでした。試合前にゴルフに行くなんて、考えたこともなかったのですが、たまにはいいもんだなあと思えるラウンドになりました。
posted by 平林岳 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。