blog_top.jpg

2006年08月27日

家族と過ごした1週間#1

長〜い夏休みをいただいてしまいました。お陰さまで家族水入らずの時間を満喫できました。やっぱり家族は一緒にいるべきものですね!来年以降のことを帰国したら真剣に考えていく必要があるようです。皆さんのアドバイスが必要です。多くのご意見をくださるようにお願いいたします。

18日(金)に嫁さんと娘の里紗がアメリカに到着しました。前日夜、ウィスコンシン州アップルトンで試合を終えて、午後11時ぐらいにそこを出て、イリノイ州のアンソニー実家に向かいました。3時間ほどのドライブで深夜2時ごろに到着しました。4時間ほど仮眠をとり、朝7時半にレンタカーをピックアップし、その足でシカゴオヘア国際空港に2人を迎えに行きました。到着予定が8時45分だったのですが、多少遅れて9時10分に無事到着し、入国審査などを経て、10時過ぎに到着ロビーに出て来ました。自分以外にもたくさんのお父さんが家族を迎えに来ていました。皆、単身赴任で大変なんだろうなあなんて考えながら待っていました。嫁さんと里紗の姿が遠くに見えたときは、思わず涙がこぼれていました。無理をしてアメリカまで来てもらって本当によかったと思いました。

その後試合地であるイリノイ州ナパビルまで移動し(30分ぐらいです。)ホテルにチェックインし、一休みしました。2人はすぐに寝たので、僕も家族の寝顔を見ながら一緒にいられる幸せをかみ締めながら横になっていました。試合で出かける時間になり、このまま寝ててもうつもりだったのですが、試合に行くと言ってくれたので、3人で球場へ行きました。弱い雨が降っていました。

2人のためのチケットを確保し、開始を待っていたのですが、雨は引き続き降っていました。開始時に雨は止みませんでしたが、20分ほどで止むという予報で、予定の時間にスタートしました。しかし、予報は当たらず、なかなか止まず、結局3回の中断の後に、8回表無死でサスペンデッドゲームとしてこの日は終了しました。時間は、すでに午後10時半です。2人には、退屈で寒い思いをさせてしまいました。審判としては、いい経験をさせてもらったのですが、家族がいるときにこうならなくてもと天気の神様を恨みました。

試合後、大雨の中、ホテルへ戻り、銀座や六本木にもある”TGI FRAIDAYS”に遅い夕飯を食べに行きました。おきまりのバッファローチキンウィングをつまみに、久々に家族3人での”乾杯”をしました。

特に何をしたわけでもないのですが、ただ一緒にいることのありがたさや大切さを再認識した1日でした。家族があるからアメリカで挑戦できているということを実感しました。

CIMG0700.JPGCIMG0701.JPG
■雨で苦労した18日に試合を行なったKane County Cougarsホームスタジアム。写真は20日(日)です。


posted by 平林岳 at 05:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。