blog_top.jpg

2006年06月27日

散々な1日(やっちゃいました。)

今日は、悪い1日でした。まず、球場に行ったら、ロッカールームにおいて置いた私物が無くなっていたのです。僕は、MLB審判のテッド・バレットに貰ったadidasのサングラス、Roryはリーグから支給されたリーグで使用する帽子が無くなっていました。チームの我々の世話をしてくれる人が通常はカギをかけてくれるのですが、翌朝誰かが掃除をする為にカギを開けた後は、比較的関係者が入りやすい状態の時間帯があったようです。多分、この時間帯に何らかの球場に出入りしている人が盗ったと考えられます。

日本では、比較的このようなことがないのですが、アメリカでは、自分で注意していないとこのようなことが起こるのですね。1つ勉強しました。今晩は、自分達の私物は、全部車に移しました。人を信用しないで、このようなことをするのは本意ではないのですが、アメリカで生きていく為には仕方がないと判断しました。とても寂しい気持ちです。

サングラスの件は”やられた”ことですが、試合中には、してはいけないことを”やってしまいました。”もう点差が離れていて両方のチームにとって、どうでもいい場面だったので、大事にはいたらなかったのですが、審判としてしてはいけないことをしました。走者1塁で打者がレフト後方にフライを打ちました。野手がこの打球を背走し、背面キャッチしたかに見えたのですが、自分としては、よく判らなかったのでした。(言い訳なのですが、マイナーリーグの球場はとても暗いのです。言い訳です。情けないですね。)とりあえず、野手や走者の反応をみてからジャッジしようと思ったのですが、皆もよくわからなかったようで、こちらが期待した反応がありませんでした。野手のリアクションが、捕った場合にしても、捕れなかったにしても、そのような反応ではなかったのでした。それで、皆もよくわからなかったのです。もうお判りだと思いますが、塁審であった僕が何も判定しなかったのだから大変な事です。

攻撃側は、走者も打者も進めるところまで行くは、守備側は走者がいた塁にアピールするはで、どちらの判定を今から出しても、抗議を受ける事は間違いありません。守備側がアピールをしたところでタイムをかけて、Roryに意見を求めました。100%僕のミスであり責任です。幸い、彼が野手が捕球したところをみていてくれたので、”That's a Catch!"(捕球した!)という判定を宣告し、守備側のアピールも認めてダブルプレーとしました。

当然、攻撃側の監督が抗議に来ました。昨日紹介した、以前一緒にやっていたことのあるデーブです。監督は、”君が何も宣告しないから、走者は走ったんだ。どうしてくれる。”その通りです。僕は、”全部僕がボールを見失ったことに責任がありますが、Roryがしっかり見ていてくれたので、野手が捕球したと判断しました。100%間違いありません。”といいました。まあ、点差もありあまり重要なプレーではなかったので、文句をいいながらですが引き上げてくれました。

とにかく、判定を出さなかった自分が悪いのです。自己嫌悪に陥ります。多分、審判人生で初めて、判定を下さなかったケースだと思います。何で出せなかったかは、多分、"サプライズ”してしまったからだと思います。野手の反応で判定できるだろうと思っていたのが、出来なかったことに驚いてしまったのでしょう。そのプレーをしっかりと見極めてやろうという集中力も欠けていたんだと思います。シーズンのこの時期に、本当にいい教訓にして、明日から気を引き締めていかなければいけません。特に、明日の試合で、しっかりとした判定をしないと、Roryをはじめ、皆から、”何だあいつは”と見られてしまうようになります。

1つ1つのプレーに対してもっと集中して、このような失敗を2度としないように気合を入れていくしかありません。散々な1日でしたが、この1日の教訓を生かし、最高のシーズンにできるようにがんばります。


posted by 平林岳 at 17:00 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記
blog_top.jpg

1Aでやるべき事

束の間の休みもどきももうすぐ終わり、又これから球場へ向い、いつもの仕事を始めます。日本でやっていた時より拘束時間などが短いため、仕事する時間は、圧倒的にこちらのほうが短いため、気分的に楽です。

さて、ここまで7試合を終えての感想ですが、やはり身体が大きく、パワーがある選手が多いです。野手の肩も、強い選手が多いようです。ただ、コントロールは、日本の選手のほうがいいようで、悪送球などがたくさん見られます。(プレーが崩れるので、我々にとっては災難となります。難しい判定になるのです。)全体的にプレーが荒い印象です。投手の投球の組み立てや攻撃時の作戦なども、あまり細かい指示は出ていないようなので、選手達はのびのびとプレーしています。これも、底辺が広いからできることなんですね。改めて実感させられました。

各レベルによって要求されることが全然異なります。ルーキーや1Aでやるべきことをしっかりと腰を据えてやっていけば、上のレベルに上がった時に更に、成長できるのでしょう。我々審判も同じなのです。メジャーに行く為に、1Aで何を学ぶべきかをしっかりと自覚しないとだめなんです。ここでは、基本的な正しい判定の位置、タイミングなどを2人制でやる事によって
身体で覚えていくことが大切です。僕は、仲間より経験があるわけですが、ここでは、1からやり直しをするつもりでやっています。改めて、そのような気持ちでやっていると、いかに基本が大切かということがよくわかります。基本ができなければ、進歩することは、もっと難しいことになると思います。これは、審判に限らず、何をするにも共通することですよね。
posted by 平林岳 at 07:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。