blog_top.jpg

2006年06月23日

観衆のブーイング

アメリカで体験できることのひとつに観客からの”ブーイング”があります。こちらでは、99%のファンがホームチームのファンです。ホームに不利な判定をしようものなら、容赦なくブーイングの嵐が吹き荒れます。もちろん、こちらが正しい判定をしていてもです。

ストライク・ボールの判定でもブーイングがあります。昨日のゲームでもインディアンズ(ホームです。)の打者に対してのアウトコースの投球を、自分としては気持ちよく”ストライク・スリー”と宣告し、打者は何も言わずダッグアウトに戻っていったのですが、ネット裏のファンからは容赦なしのブーイングでした。自分でも”少し広すぎたかな”と思っていたので、ブーイングによって自分の判定を反省するきっかけになるときもあるのです。しかし、ブーイングによって判定が左右されることが一番いけないのです。大事なことは、ブーイングを自分でコントロール(利用)できるかどうかなのです。

この試合のラストプレーに対してのブーイングは耐え難いものでした。照明の故障の後、9回の裏6−1と5点リードされてのホームの攻撃でした。1点取り、その後相手投手ガ乱れて1点差になり、なおも2死で走者1、3塁の場面です。インディアンズの打者が1塁線付近にゆるいゴロを打ちました。1塁手が打球を捕って、打者走者にタッグを試みたのでした。Roryは塁に走者がいたので内野の中に位置しています。この位置からだと、とてもタッグを確認するには難しい、悪い角度の位置になります。逆に、球審は1塁線上で見ることができるので良い角度にいることになります。(距離は遠いので、説得力がないですが。)でも、この場合、判定の責任は塁審にあります。さあ、皆さんならどうしますか?

案の定、Roryは見えなかったようで、僕の方を見てきました。僕はタッグをよく見えていたので、塁審が助けを求めていることがわかったので、自分で自分を指しながら、”I got it, I got it!”といいながら”ア〜ウト〜!”と大きめ(派手目)なジェスチャーで打者走者にアウトを宣告しました。ここで、大事なのはお互いのアンパイア同士のあうんの呼吸なのです。審判は、見えなくても宣告しなければならない時もたくさんあります。このケースでも、塁審が野手や走者のリアクションを見て判断し、宣告する場合も多々あります。(これには、経験が必要です。)今日の場合は、自分達が出来る事を100%やれたいい例だと思います。スーパーバイザーに見てもらいたかったです。(残念!いませんでした。)今日のケースは、2人で審判をするうえで、とても難しいケースで、しかも結構頻度の高いプレーなのです。この経験が出来た事は、これからの自分達にとって大きな財産のひとつになるでしょう。

あ、忘れていましたが、この後何が起こったでしょう。お判りだと思いますが、大ブーイングです。この判定で、ホームチームの負けが決定し、試合終了になったのです。しかも、球審が遠くから判定したので説得力がなく、余計にブーイングを大きくしてしまいました。自分達がやったことが100%正しいと信じていてもしんどいブーイングだったのです。運悪く、引き上げる通路がホームチームのダッグアウト横を通るルートになっていました。何百人のお客さんがフェンスの一番際まで降りてきて、容赦なく罵声を浴びせてきました。しかし、監督の抗議はたいしたことなく、すぐに済みました。

日本でだったらと想像してしまいました。きっと30分ぐらいその場で、監督、コーチ、選手に取り囲まれて抗議を受けたでしょう。リーグに抗議文も届いて、後々まで尾を引くことになるのでしょうね。


posted by 平林岳 at 05:17 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。