blog_top.jpg

2006年06月14日

ベース空過の波紋

千葉マリンスタジアムに行ってきました。試合前にグランドで千葉ロッテの練習を見学していたら、小宮山投手(同じ年で同郷出身(柏))や初芝君(現解説者)や小林(雅)投手から声をかけられました。彼らと一緒に仕事が出来た事は、今の僕にとって大きな財産であります。審判と選手という立場が違いますが彼らも日本プロ野球界が発展するためにがんばって欲しいです。ちなみに小林(雅)君から、「NACK5でしゃべってましたね〜。笑っちゃいましたよ。」といわれたのですが、僕が野球中継でしゃべることっておかしいですかね??

さて、先日の小関選手の空過について後から波紋を呼んでいます。ジャイアンツサイドから、テレビの映像を見て、踏んでいたのではないかということを今更になって抗議しているようです。その場で抗議する事はまだ理解できるのですが、ビデオを見て、後から抗議するということの意味が理解できません。提訴などの規則上認められている方法での抗議は、当然いまからできるわけがないのです。又、仮に提訴したとしても審判のジャッジに関しての提訴しても、100%勝てるわけがないのです。巨人軍というブランドイメージが、世間の野球ファンに対して悪くなるだけのことをどうしてするのでしょうか。球団からリーグに対して、”要望書”や”意見書”というような文書がよく出されますが、まったくもって無意味なことなのです。野球の試合を野球規則に則って運営している以上、審判の判定に対しては何も出来ないことになっているのです。それをするということは、野球というスポーツに似た違うスポーツということになってしまうということなのです。チームがある判定によって不利になったとしても、それを受け入れるしか、野球というスポーツをやるうえで、他に方法はないのです。

僕もあの映像を見たのですが、あの角度からでは、ベースの手前を踏まないでいったのか、踏んでいったのかは、全く判断できないです。審判的にいうと、一番”悪い角度”からの映像でした。この映像をもとに抗議することほど、世間に対して説得力を欠く行為だといわざろう得ないでしょう。


posted by 平林岳 at 08:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。