blog_top.jpg

2006年06月13日

ワールドカップ オーストラリア戦

ワールドカップ・サッカー、日本対オーストラリア戦をテレビで見ました。ちょっとだけ見ようと思っていたのが(やることがあったので)、結局最後まで見てしまいました。やっぱり日本人なんですね、国別対抗戦は見ていて熱くなります。

まず、サッカー審判(レフリー)の運動量の多さに驚かされます。試合中、殆ど停まっている時間がないんですね。常にプレーが見える位置へ走って移動していました。野球審判との運動量の差は大きく違います。そして、接触プレーが多く、それをどちらかの反則にする決断を瞬時にしなくてはいけない難しさを感じました。スローで見ると、わざとらしく大げさに倒れたりすることも日常茶飯事なようで、これらを見分けることは、とても困難に思えます。豊富な経験が必要なことがわかるような気がします。サッカーを見ていても、視点が審判へいってしまいます。これも職業病ですね。

試合は、終了10分ぐらい前までは、どう考えても日本のペースでした。僕は勝ちを確信していました。でも、やはりスポーツですよね、ひとつのプレーから流れが大きく変わりました。その10分間に3点も取られたのでした。自分はサッカーについてはとやかく言えない立場なのですが、最後の10分間に3点取られてしまったことに関しては、何らかの原因があるのでしょう。集中力なのか、気の緩みなのかわかりませんが、とにかく次の試合までに”何かを”修正して、是が非でもクロアチアに勝って欲しいと思います。

がんばれ日本!ニッポン、チャチャチャ!(レフリーの皆さんもがんばってください。皆さんのお陰で良い試合を見ることができます。ありがとうございます。)

P.S. やっぱり悔しいっす!特にオーストラリアに負けたということが悔しいです。去年から米国マイナー審判になった同期のオーストラリア人、トラビスとジョンが大喜びしたことでしょう。彼らの勝ち誇った顔が目に浮かびます。


posted by 平林岳 at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。