blog_top.jpg

2006年06月12日

塁の空過

昨日の千葉ロッテ対巨人の試合でめずらしいプレーがありました。日本プロ野球史上初の出来事だそうです。それは、他の走者がベースを踏み忘れたことによって、打者のホームランが取り消されたというものです。

2死で巨人の攻撃でした。走者1塁に小関選手がいました。打者の李選手がライトスタンドへ綺麗にホームランを打ちました。ここで、小関選手が3塁ベースを踏んでいないということで、後から千葉ロッテ側のアピールプレーによってアウトが宣告され、李選手の打ったホームランは、”幻”となってしまいました。この時に皆さんにしっておいて欲しいことが2つあります。まず、アピールプレーであるということ、それとこの場合は、得点が0点になるということです。

アピールプレーなので、相手チームのアピールがあって成立するプレーなので、何もなければそのまま得点も本塁打も認められるのです。極端に言えば、ホームランを打って、全部の塁を踏まないで帰ってきても、アピールがなければ得点が入り、本塁打と記録されるのです。得点になるか、ならないかは、とても複雑でいろいろなケースがあります。昨日の小関君のケースでは、前にいた走者(小関君)が踏み忘れでアウトになり、それが3アウト目だったので、後の走者(李選手)の得点も認められなくなるわけです。もし、1死か無死であれば、当然前の走者の過失によることで、後位走者の走塁にまでは影響しないので、ホームランで得点が入ります。

このように、2死からの踏み忘れなどのプレーによる、得点との関係については、とても僕達にとっては、大事な部分で、必ず理解していないといけないところなのです。踏み忘れで、アウトを宣告するということは、とても勇気がいることです。昨日のセリーグ西本審判の宣告は、とても素晴らしかったといえるでしょう。”にしもっちゃん、ナイスジャッジ!”


posted by 平林岳 at 09:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。